(写真=佐藤博信)

 これは、と目をつけた業界で全く新しいビジネスのシステムを作り上げ、成功させていく。「天賦の才の持ち主だ」というのが、私の坂本さんへの第一印象でした。

 オーディオや中古ピアノ販売などの苦労時代を経て、ブックオフコーポレーションを創業。古本業界の流通に大変革をもたらしました。

 次は飲食業に取り組み、立ち飲みスタイルの店舗で本格的洋食をリーズナブルに提供するレストラン「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」を開店。常識外れに高い食材原価率でも、店の回転率アップにより薄利多売で十分に利益を出す斬新な発想は業界の注目を集めています。このように坂本さんの強みは、お客様のニーズを的確につかみ、常に創意工夫を行い、業界の常識を覆すことができることだと言えます。しかし、私がもっとも素晴らしいと思うのは、若い従業員にビジネスチャンスを積極的に与え、彼らが額に汗して働くことで、仕事の喜びや、やりがいを見出してほしい、という思いが動機になっていることです。これからも天賦の才を活かしつつも、慎重な経営を行い、思いやりを持った真の経営者として大成されるものと期待しております。