(写真=朝日新聞社)

 作年、米国Inc.誌でカンパニー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた米エバーノート。同社の日本進出で大きな役割を果たした外村仁は多様な顔を持つ。

 アップルジャパンのマーケティング本部長として活躍した後にシリコンバレーで起業した。さらに、日本企業の米国展開を手助けし、日本人起業家の支援活動に力を入れている。米国での就業を望むエンジニアの相談に乗り、日本からの学生を自宅に泊め、自ら食事を振る舞う。そんな日本人は誰もいない。

 彼の根底にあるのは「日本には素晴らしい技術や製品もあり、才能ある若者もいる。それが世界で開花する瞬間を見たい」という情熱だ。エバーノートにいる今も、同社の開発者会議で日本の開発者向けの特別賞を用意するなど、若い才能に機会を与えている。成功体験を忘れ始めた日本が自信を取り戻し、世界への挑戦を始める鍵は彼が握っているかもしれない。