5年前に知人の紹介で出会い、意気投合した。その理由を振り返れば、常に前を向く穂積君の姿勢と人徳に惹かれたためだ。

 ホテル経験者ゼロの中、観光やビジネスの目的を問わず満足できるホテルを目指して7年前に立ち上げた。その過程では資金集めで苦労したこともあったが、下を向かずにやりきった。誰かに頼ることなく、自力で解決していくからこそ、周囲の人間も応援したくなる。

 カンデオホテルズは競争の激しいホテル業界で新しい付加価値を確実に築きつつある。屋上のスカイスパ、シモンズベッドを標準装備した客室、60品目以上の本格的なビュッフェスタイルの朝食――。従業員のホスピタリティは、宿泊料金以上のサービスとして認められ、高い顧客満足度を獲得している。穂積君はホテル業界に革命を起こす男だと信じている。