(写真=五十嵐隆裕)

 損害保険業界は1990年代の金融自由化から大きく変わった。そして新規参入組が現れた。その中で小森さんの会社はペット保険を扱う国内最大手に急成長した。

 初めてお会いしたのは2005年のこと。当社でのペット保険販売の相談がきっかけだった。ガラス張りの会議室で、エネルギッシュかつ饒舌に、ペット保険の将来性を語った。この強い個性がなければ、大企業が支配する金融業界で、新市場の創造は不可能だ。彼はペット保険にレセプトを持ち込み、獣医のネットワークを構築した。「手を組むなら小森さん以外はない」と考えた。

 今年、アニコムに出資して関係が深まった。ビジョンは保険の枠にとどまらず、ペット事業全般である。何よりもペット好きで動物に詳しい。私も大型犬を飼っており、教えを乞うことも多い。共に新市場の開拓を夢見ている。