(写真=Jan・Buus/スタイリング=Kumiko・Iijima/ヘアメイク=Shunichi・Kawada/撮影協力=ロボットレストラン)

 初めて撮影をさせてもらったのは雑誌『Zipper』の私の連載ページです。

 原宿におもしろい子がいるという話を聞いて、私が撮りたいと希望しました。当時CDデビュー前でそれほど知名度が高かったわけではなかったのですが、僭越ながら、この子絶対出てくると思いました。

 「とても現代的で、今の東京を体現しているポップなアイコン」。それは他に代わりがいないきゃりーちゃん独自のものです。

 今の東京は「元気がない」といった言葉をよく聞きます。私は東京だけでなく、アジアを中心に欧米でも仕事をしますが、東京の独自の洗練されたセンスは他に類をみないものであり、圧倒的なオリジナリティがあると思います。海外のクリエイターにも、その点に注目している人がたくさんいます。

 近々、「蜷川“TOKYO”MAP Starringきゃりーぱみゅぱみゅ」というアプリをリリースする予定です。きゃりーちゃんをモデルにして私の思う東京のおもしろい場所を写真と地図で紹介するアプリなのですが、今の東京を世界に向けて体現できるのは、「きゃりーぱみゅぱみゅ」だと思います。

 きゃりーちゃん大好き♡ 結構初期からのファンです!