日本の国産ワインが世界のワイン愛好家や飲食業界から大きなエールを送られ始めている。その中で、勝沼醸造は極めて高い評価を得ている。

 有賀雄二と出会ったのは10年前。「和食に合うワインがある」と聞いて口にしたのが「アルガブランカ」だった。「これが日本のワインか」と驚かされた。

 1000年の歴史を持つブドウの品種、甲州種は日本のワインとしてのテロワール(土地の風味)と品格を十分に持ち合わせた日本古来のブドウ品種。その味わいは、醤油、味噌など、日本の食材や調味料と見事にマッチし、清酒や本格焼酎とは違った新たな日本食の食文化をも醸し出そうとしている。

 元来、ワインは世界の共通語。日本発祥の清酒や本格焼酎と比べればその存在自体がはるかに世界基準だ。有賀は日本のワインの可能性を世界へ押し広げた。今では、世界中の星つきレストランのメニューに載るように。その勢いは目を見張るばかり。日本のテロワールを世界へ。有賀雄二から目が離せない。