(写真=青沼修彦)

 広島出身、機械工学専攻の金井誠太はカーマニアではなかった。だが、マツダに入社し、初めて設計した小さなホイールキャップが試作車に取りつけられたのを見た時、彼の「モノ作り」の心眼が開いた。

 四半世紀前、金井が設計した新型上級車「ルーチェ」のリアサスペンションについて、熱のこもった的確な説明を受けた。彼は、特許を取得した「E型サスペンション」の発明者の1人だった。

 米フォード傘下時代、彼が開発リーダーを務めたのが2002年発表の「アテンザ」だ。欧米の競合各社や技術者をうならせ、マツダ躍進の原動力となったモデルだ。フォードはこのクルマの基本設計を持ち帰り、米国で人気モデルを派生させている。

 「スカイアクティブ」は燃費に優れた画期的な環境エンジンと思われがちだ。だが、理想の内燃エンジンを目指したガソリン、ディーゼル双方の新しいアプローチ、高効率トランスミッション、快適、安全、楽しさを有するトータルなクルマ、そして生産方式までを含む「モノ作り革新」システムと言っても過言ではない。

 技術の趨勢に迎合せず、独自の「ちょっと反骨」的アプローチを取る。クルマを作り、乗る喜びと所有価値の提供を身上としてきたマツダらしい、金井誠太らしい革新魂がスカイアクティブだ。