(写真=的野 弘路)

 地域振興のカギとなる観光。そのノウハウを各地に広める専門家として高い評価を得ているのが、山田桂一郎だ。学生時代の旅行で立ち寄ったスイス・ツェルマットでマーケティングとセールスプロモーションに携わり、ガイドとしても豊富な経験を積んだ。「そのノウハウを教えてほしい」という日本各地の要請に応じて、スイスと日本を行き来しては、地域振興のコンサルタント、自治体や政府への助言役としてフル稼働している。

 やっていることは似通っているが、彼と私の役割のすみ分けは明快だ。私はタッチ・アンド・ゴーで、総論やほかの地域での成功事例などを説教だけして帰るのが常。しかし、彼は、その地域にしつこく食い込んでいき、実際に自分たちにできることを、実現するまで指導していくのだ。地域のビジネスが食えるようになると、地域の存続という最終的な目標につながる。この考え方を、彼は20歳過ぎからスイスで体感してきた。日本中で植えつけたくなるのは当然だろう。