(写真=尾苗清)

 平時と危機時とで、リーダーに求められる資質は違う。オーケストラの指揮者に例えれば、前者は演奏家の個性に配慮しつつ、演奏を調和させることに心を砕くことが重要だ。一方、後者では、多くの演奏家が演奏不能になるといった状況下で、自らプレーヤーとしての役割も担いつつ、気持ちを1つの方向に持っていかなければならない。

 東日本大震災で問われたのは、まさに危機時のリーダーシップだった。そこで、村井嘉浩・宮城県知事は先頭に立ち、的確なメッセージを発信し続けたことで存在感を示した。自衛隊出身で、危機時の器や胆力を磨いたのだろう。県議を経て2005年から知事になっても、大胆な企業誘致戦略を取って、トヨタ自動車の一大拠点を築くなど、大きな功績を残した。

 震災によって隣の福島県はしばらくの間、難しい状況に置かれるだろう。福島も含む東北全体の復興の様を世界に発信していく。そうした役割を果たしていくうちに、真の東北のリーダーと称されるはずだ。