自動運転時代でも「系列」の強み生かすトヨタ

 自動車メーカーの中でも「系列重視」の姿勢が強いとされるトヨタ自動車。ソフトバンクグループやAI(人工知能)開発のプリファード・ネットワークス(東京・千代田)などデジタル技術に強みを持つ「仲間」を増やす一方で、これまでの「系列」メーカーとのつながりも無駄にはしない。

 10月24日に日本市場で発売した高級車ブランド「レクサス」の中型セダン「ES」の新型車。すでに米国や中国市場などで投入済みだが、日本での販売に合わせて電子化したサイドミラー「デジタルアウターミラー」を採用した。量産車では世界初搭載という。

 従来のサイドミラーの位置にデジタルカメラを置き、撮影した映像を室内にあるディスプレーに表示する仕組み。デジタル処理なので、夜間の画像を明るくしたり視界を広げて死角を減らしたりできる。

 安全性の向上だけがトヨタの狙いではない。カメラで捉えた画像は「現時点では一定期間後に自動的に消去する」(ES開発責任者の榊原康裕氏)というが、将来は自動運転に不可欠な3D(3次元)地図作りに役立つ可能性がある。現在も衝突安全などを目的としたカメラを搭載しているクルマはあるが、これに側面からの画像データも加えれば価値は高まる。榊原氏自身、その可能性を否定しなかった。

レクサス「ES」の電子サイドミラー。目線を大きく動かさなくて済むという

関係の深い4社が集まる必然

 今回の電子サイドミラーは、ECU(電子制御装置)をデンソーが、サイドミラー部分の筐体は東海理化が、カメラとディスプレーはパナソニックが開発した。いずれもトヨタと関係の深いサプライヤーだ。「4社の技術者が集まって特別開発チームを編成し、短期開発を目指してきた」(榊原氏)。電子ミラーが認められる法改正が日本であった2016年6月に世界初の量産車搭載を決断、一気に開発を進めたという。

 関係が深いからこそ各社の強みも理解しているトヨタ。部品メーカーからすれば、「系列」であるが故にトヨタとあたかも一心同体で開発できるメリットは大きい。

 もっとも、デンソーなどの3社が開発を分担できたのも、トヨタが必要とする技術やノウハウを備えていたから。トヨタは自動運転時代で優位に立とうと、開発スピードを上げる姿勢を強めている。新しい技術領域に対応できない部品メーカーは系列であろうと、ふるい落とす日が来るはずだ。ここにも部品再編の芽は潜んでいる。

(池松 由香)

モビリティー産業の成長戦略が分かる!

「クルマの未来」を見通す大型イベント「Future Mobility Summit : Tokyo 2018 ~ 自動車からモビリティー産業へ その潜在力と課題」を、11月20日(火)に東京国際フォーラムで開催します。

インターネットやデータ分析などIT(情報技術)を駆使して安全で快適なモビリティー(移動)を提供することが企業の成長のカギを握ります。国内外の経営者や技術者が、最前線の取り組みや今後の可能性を語ります。

マツダの次世代技術について、キーマンの1人である副社長の藤原清志氏が講演。トヨタ自動車社長の豊田章男氏が「7人の侍」と称するうちの1人である取締役・副社長の寺師茂樹氏、東南アジア最大手のライドシェア企業として注目を集めているGrab(グラブ)の地域統括・戦略的自動車パートナシップ担当であるドミニク・オング氏も登場します。このほか、トヨタ自動車との新会社設立を発表したソフトバンク、インドで快進撃を続けるスズキなど、リーディングカンパニーが登壇します。ぜひご参加ください。

詳細・お申し込みはこちらから。