会場建設の見直しで揺れる東京五輪。筆者は今夏、過去の五輪を振り返り、五輪が開催地に残すべき有形・無形の遺産「レガシー」に関するNHKの取材に、アテネとロンドンで協力した。その模様は10月に「NHKスペシャル」で放送されたほか、12月4日の「大越健介・激動の世界を行く」でも放送される。近年の開催地の中では、2012年ロンドン大会はレガシーが成功した事例と言われ、同じ「成熟都市」である東京もロンドンに学ぶべきところが多い。

 ロンドン大会がレガシーとして掲げていた5つの柱(参照記事:「パラリンピックが解き放った車椅子女性の可能性」)のうちの1つが「ロンドン東部地域の再開発」である。東部ロンドンはかつて工業地帯であり、産業が地元経済の活性化に貢献していた。だが、1970年代から80年代初頭に、急激に廃れた。有効活用されない土地が増え、土壌は汚染され、労働者や移民の多く暮らす、貧困地域であった。ロンドンは五輪開催を契機に、この東部地域を再開発することにした。その象徴が、この地域に建設されたオリンピック・パークである。

 取材を通じ、筆者が最も仰天したのは、オリンピック・パーク内に五輪の象徴として建設された巨大なオブジェ「アルセロール・ミッタル オービット」である。今春には、スライダー(滑り台)に改修され、人気アトラクションとして生まれ変わった。

オリンピック・パークにあるオブジェを巨大な滑り台に改修した

 オリンピック・パーク内の施設の改修を担当したロンドンレガシー開発公社の再開発・コミュニティーパートナーシップ担当取締役、ポール・ブリッケル氏に、大会開催における心構えを聞いた。

五輪開催後にオリンピック・パークの改修を担当した、ロンドンレガシー開発公社のポール・ブリッケル氏

ロンドンレガシー開発公社(以下、LLDC)の役割を教えてください。

ポール・ブリッケル氏(以下、ブリッケル氏):我々は、大会後に残されたものを未来に引き継ぐ役割を担いました。大会開始時にはその準備ができていることを目指し、LLDCは開催の3年前に設立されていました。オリンピック・パークが大会後に「レガシー」として利用されることを目的に、地域開発と、そのための会場の改修を行うのが役目でした。

LLDCはなぜ組織されたのでしょうか?

ブリッケル氏:我々にはずっと以前から、五輪開催における明確なビジョンがありました。実はこのストラスフォード(注:オリンピック・パークがあるロンドン東部の街)に、ビジネスに特化した新しい開発地区を作ることが、25年も前から構想されていました。しかし、目的達成には難題もありました。土地所有は細分化しており、また産業地区であったことから、土地は非常に汚染されていたのです。公共投資が必要だということはあらかじめわかっていましたが、当初、地元の人たちに、この開発が彼らに恩恵をもたらすとは感じてもらえませんでした。

 そこへ五輪がチャンスとしてやってきました。まず再開発の準備を進めるために必要だった公共投資を、短期間で得る事ができました。メディアを通じ、世界に地域の認知度を高め、ここに投資機会があることを知らせるチャンスとなったのです。

 さらに、五輪は地元の、特に若者たちを「インスパイア」する良い機会だと感じました。五輪とは、夢を実現するため、もしくはそのチャンスをつかむためのものです。若者たちに「学業で良い成績をとり、スキルを身につけ、仕事を得てビジネスのチャンスをつかめ」と伝え続けました。

LLDCが達成した最も重要な「レガシー」は何だったのでしょうか?

ブリッケル氏:ほぼすべてのロンドン市民、さらに政治家やロンドン市長、中央政府が、東部の再開発を支持していました。中央・地域政府、そして自治体が一つとなり、東部地区の変革に向けて動いたのです。オリンピック・パークは、大会後すぐにパーク・ランドとして改修されました。この2年半で1200万人もの来場者を記録し、地元の人たちが家族との1日を楽しむために会場を利用し、また、世界中からも訪問者が多く訪れています。

 会場は、メインスタジアム、競泳用プール、ハンドボール用アリーナ、サイクリング用の「ベロドローム」と「ベロパーク」、テニス、そしてホッケー会場。(恒久的な施設として)残ったのはこれだけです。現在、国際大会にも使われ、日々オリンピアン・パラリンピアンたちが、地元の人たちと一緒に利用しています。地元の人々が、エリート選手たちによってインスパイアされることが望ましいと思っていました。アクアティックスセンター(競泳用プール)には確かこの数年で100万人の来場者があったと記憶しています。利用者が非常に多く、成功した会場です。

 大会後に不要となったところは撤去され、選手村には2500の住居を建設し、人々はそこで幸せに暮らしています。ここは現在「イースト・ビレッジ」と呼ばれ、店舗や学校、ヘルスセンターもあるコミュニティです。現在、さらに新しく6500戸の住居を建設中で、新しい住居向けの学校やヘルスセンターも作っているところです。

 大会は予想以上のものをもたらしました。当初予定のなかった、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンなどの教育機関、トップクラスの博物館や、ダンス・シアターもここにやってくる予定です。五輪がここへきた事で、多くの組織も、私たち自身も開眼し、ここでのチャンスを見出したと思います。おかげでストラトフォードは素晴らしい街になりました。