デンマークの玩具大手レゴは、「ヘイトスピーチ」と決別した(写真:永川智子)

 クリスマス商戦が本格化し始めた今月12日、大手玩具メーカー・レゴが、英タブロイド紙「デイリー・メール」とのタイアップを終了し、同紙と連携したプロモーション活動を当面停止すると発表した。デイリー・メールは、タブロイド紙「ザ・サン」に次ぐ、英国2位の購読数を持つ保守系新聞だ。

レゴ本社がタイブロイド誌「デイリー・メール」との決別を宣言したツイート

 タイアップ終了の理由は、EU(欧州連合)離脱を問う国民投票に端を発する、同紙の移民や難民などへの、あからさまな「憎悪扇動」の論調だと言う。

 以下、離脱投票(今年6月23日)近辺の同紙一面見出しの数例だ。

 「移民が住宅危機に火をつけた」(今年5月20日)
 「移民の恐怖で離脱支持急増」(同6月14日)
 「政治家が揉める間にまたトラック一杯の欧州からの難民がイギリスに」(同6月15日)
 注:同紙は後日、この見出しに当初掲載されていたトラック荷台上の難民の画像が欧州ではなく、イラクやクウェートから入ってきた難民であると訂正している。

 憎悪を煽ったとして問題となった最近の事例は、EU離脱手続きの開始には議会の承認が必要、との判決を下した3人の高裁判事の個人名と顔写真の下に同紙が打った「国民の敵」という見出し付きの一面である。EUからの離脱、ひいては移民流入の阻止を妨害した「悪者」を吊るし上げるような論調は、「まるで1930年代のナチス・ドイツのようだ」と読者の強い反感を買った。ソーシャルメディア上で批判が広がったほか、新聞と出版業界による自主規制機関IPSOに千件以上の苦情が申し立てられている。

 デイリー・メールはレゴとのタイアップで、新聞のおまけに同社の玩具をつけるキャンペーンを展開していた。レゴが今後デイリー・メールとのキャンペーンを停止するに至った理由は、ある消費者からの手紙であったと言う。

 手紙を書いたのはボブ・ジョーンズさんという男性。11月4日、フェースブックのレゴの公式ページに、自分は6歳の男児の父親であり、自分も息子もレゴのファンであること。そして、この数年、デイリー・メールについていたレゴのおまけを目当てに、嫌々ながらも同紙を購入してきたことを綴り、続けてこう記した。

 「このところの(デイリー・メール紙の)見出しは、右派の意見という域を超えている。外国人に不信を抱かせ、すべてを移民のせいにし、昨日(11月3日)の見出しでは、法的な決断を下したイギリスの高裁判事について、彼がゲイであることまで攻撃した。記事は行き過ぎだ。(略)貴社のような革新的な企業がこの『新聞』を支援し、購買数の増加に貢献していることを、心の底から不快に思う」

 「レゴは私にとって、常に多様性を重んじる商品だった。(略)あなた方とデイリー・メールとのつながりは誤りだ。貴社のような企業は、彼らを支援すべきではない。息子に、今年は(略)レゴのおまけをあげられないことを告げるのはひどい気分だったが、『この新聞は、君が学校で出会う友達のような人々のことで嘘をつくのだよ』と説明した。6歳の息子でさえ、彼らが印刷することが間違っていると理解している」