アパレル業界の常識を根底から覆すものづくりに挑戦するブランド「ファクトリエ」。店舗なし、セールなし、生産工場を公開、価格は工場に決めてもらう——。これまでのアパレル業界のタブーを破って、日本のものづくりを根底から変えようとしている。つくる人、売る人、買う人の誰もが、「語りたくなる」ようなメイド・イン・ジャパンの新しいものづくりを目指すファクトリエ。本連載では、同ブランド代表の山田敏夫氏が、思いのあるものづくりを実践している人々に話を聞く。

 連載2回目に登場するのは、ラグビー蹴球部選手として活躍し、清宮克幸氏の後任として早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。U-20日本代表ヘッドコーチも務めた経験のある中竹竜二氏。現在は、企業のグローバルリーダー育成を独自のメソッドとして提供する株式会社チームボックスの代表を務める。コーチングディレクターとしても活躍する中竹氏は、夢に挑む山田氏にどのようなアドバイスを与えたのか。今回はその後編。

中竹竜二(なかたけ・りゅうじ)、チームボックス代表取締役/コーチングディレクター(写真左側)
1973年生まれ。早稲田大学人間科学部在学中、ラグビー蹴球部選手として全国大学選手権で準優勝。英レスター大学大学院を修了後、三菱総合研究所に入社。組織戦略に携わる。2006年、清宮克幸氏の後任として早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。“日本一オーラのない監督”と言われるが、翌2007年度より2年連続で全国優勝。2010年、日本ラグビーフットボール協会初代コーチングディレクターに就任し、全国のコーチ育成に力を注ぐ。2012~2014年にはU-20日本代表ヘッドコーチも務める。企業のグローバルリーダー育成を独自のメソッドとして提供する株式会社チームボックスを設立。一部上場企業をはじめとする組織のリーダートレーニングを提供している。(取材日/2018年4月17日、写真/的野弘路)
山田敏夫氏の「ファクトリエ」の歩みをまとめた『ものがたりのあるものづくり

山田氏(以下、山田):中竹さんは、リーダーのあり方においては、個々の“スタイル”を確立することが重要だとおっしゃっています。僕自身のスタイルは何かと考えると、未来志向で夢を語って仲間を集めることだと思っています。だから、できるだけメンバーの前では前向きな言葉で語るようにしているんです。けれど、時々、ものすごくこたえることが起きるんです。

 例えば、メンバーの退職。大半は「起業したい」といったポジティブな退職理由ではあるのですが、それでも言われるのが結構直前だったりするとショックでショックで……。「え? この間、面談では何も言ってなかったじゃん。ランチもしたばかりなのに。なんで言ってくれなかったの」と落ち込むんです。しばらくトラウマになって、深夜に届く個人宛てのメールを開くのが、怖くなりました。

 すごく前向きにフラットに接してきたつもりなのに、どうしてだろう。なんで言ってくれなかったんだろう。僕の何が悪いんだろう。悶々と考え込んでしまうことがあって。

中竹氏(以下、中竹):普段の面談では、キャリアの希望についての具体的な話はあまりしないんですか。

山田:ビジョンの確認はしています。ですが、あまりその場が堅苦しくならないように、「最近どうよ?」といった雰囲気でフランクに話すことを心がけてきました。評価面談は別にあるので。

中竹:頻度はどのくらい?

山田:3カ月に一度、30分ずつです。

中竹:それをずっとやってきているのであれば、信頼関係はある程度できていると思います。

 フランクな相談は半分程度にしておいて、もう半分は、山田さんの方から「会社としてやってほしいこと、成長の努力をしてほしいこと」といった総括をしてあげた方がいいかもしれませんね。

 「半年後にこういう新規事業を予定しているので、こういう力を付けておいてほしい」とか、できるだけ具体的に。そして「そのためにあなたができそうなことを考えておいてください」と“お題”を出す。

 さらに次回までに準備をして書いてもらう。面談はその場ではなく、それに臨むまでの本人の準備が相当大事なんです。