アパレル業界の常識を根底から覆すものづくりに挑戦するブランド「ファクトリエ」。店舗なし、セールなし、生産工場を公開、価格は工場に決めてもらう——。これまでのアパレル業界のタブーを破って、日本のものづくりを根底から変えようとしている。つくる人、売る人、買う人の誰もが、「語りたくなる」ようなメイド・イン・ジャパンの新しいものづくりを目指すファクトリエ。本連載では、同ブランド代表の山田敏夫氏が、思いのあるものづくりを実践している人々に話を聞く。

 連載2回目に登場するのは、ラグビー蹴球部選手として活躍し、清宮克幸氏の後任として早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。U-20日本代表ヘッドコーチも務めた経験のある中竹竜二氏。現在は、企業のグローバルリーダー育成を独自のメソッドとして提供する株式会社チームボックスの代表を務める。コーチングディレクターとしても活躍する中竹氏は、夢に挑む山田氏にどのようなアドバイスを与えたのか。今回はその前編。

中竹竜二(なかたけ・りゅうじ)、チームボックス代表取締役/コーチングディレクター(写真左側)
1973年生まれ。早稲田大学人間科学部在学中、ラグビー蹴球部選手として全国大学選手権で準優勝。英レスター大学大学院を修了後、三菱総合研究所に入社。組織戦略に携わる。2006年、清宮克幸氏の後任として早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。“日本一オーラのない監督”と言われるが、翌2007年度より2年連続で全国優勝。2010年、日本ラグビーフットボール協会初代コーチングディレクターに就任し、全国のコーチ育成に力を注ぐ。2012~2014年にはU-20日本代表ヘッドコーチも務める。企業のグローバルリーダー育成を独自のメソッドとして提供する株式会社チームボックスを設立。一部上場企業をはじめとする組織のリーダートレーニングを提供している。(取材日/2018年4月17日、写真/的野弘路)

山田氏(以下、山田):「世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの服づくりをしよう」。そんなたった1人の僕の思いから、ファクトリエが産声をあげたのが2012年1月。7人のボランティアの手を借りることから始まって、今は40人(アルバイト含む)の所帯になりました。

山田敏夫氏の「ファクトリエ」の歩みをまとめた『ものがたりのあるものづくり』

 今、僕にとっての大きな課題となっているのが、チームマネジメント、ファクトリエという船に乗ってくれた同志たちを、いかに統率していくかです。日々壁にぶつかりながら試行錯誤していく中で、中竹さんの著作は何度も読み込み、参照しています。

 特に関心があるのは、中竹さんが早くから提唱されてきた“フォロワーシップ”型のマネジメント手法です。カリスマ的なリーダーシップではなく、仲間の意思を尊重し、モチベーションを引き出せる。

 そんなリーダーに僕も近づきたいと思いながら、現実にはなかなかうまくいきません。今日は念願叶って中竹さんと直接お話しできる機会をいただけたので、僕の迷いや悩みを率直にぶつけさせていただきたいです。

中竹氏(以下、中竹):よろこんで。早速、伺いましょう。例えばどんなことで、最近悩んでいるんですか。

山田:最近でいうと、「管理と達成のバランス」の難しさを痛感しています。

 ある時、業務を効率的に整理して仕組み化するのが得意なメンバーにマネジメントを任せたんです。すると、すごくきれいに業務の流れが整ったんですが、売り上げが一時、停滞するという副作用が起きてしまいました。

 うまく言えないのですが、管理の力が強く働くと、目標達成のためにやり切るエネルギーが燃焼しづらくなるのかもしれないと、ジレンマを抱えたことがありました。本当は数字の達成も含めて全部任せたかったのですが、最終的には僕が引き取って、売り上げを伸ばしに行きました。

 うちみたいなベンチャーは、待つ余裕がないんです。本当は、メンバーの自主性を育てるのが僕の役割なはずなのに、「あれで良かったのだろうか……」と答えを出せないままでいます。

中竹:「目標」という言葉が出ましたが、私のイメージだと、山田さんの最終的な目標は「日本の最高の技術を世界に広める伝え手となる」といったものですよね。埋もれゆく素晴らしいつくり手たちに光を当てて、一緒に最高のものづくりをしていこうというのが揺るぎないビジョンなんですよね。

山田:おっしゃる通りです。それは創業以来、ずっと変わらない思いです。

中竹:その達成に向けた指標の一つが、売り上げ。つまり、売り上げは目的達成の手段でしかないという位置付けを、常に見失わないことが、まず大切だと思います。

 あとは、メンバーへの働きかけをどのようにしていくかが重要ですね。メンバー一人ひとりが主体的に動ける組織をつくるためには、リーダーである山田さんの意思決定や方針の意図をきちんと伝え、浸透させる必要があります。