アパレル業界の常識を根底から覆すものづくりに挑戦するブランド「ファクトリエ」。店舗なし、セールなし、生産工場を公開、価格は工場に決めてもらう。これまでのアパレル業界のタブーを破って、日本のものづくりを根底から変えようとしている。つくる人、売る人、買う人の誰もが、「語りたくなる」ようなメイド・イン・ジャパンの新しいものづくりを目指すファクトリエ。本連載では、同ブランド代表の山田敏夫氏が、思いのあるものづくりを実践している人々に話を聞く。連載1回目に登場するのは500年の歴史を持つ和菓子「虎屋」の17代当主の黒川光博氏。創業以降、虎屋が大切に守り続けてきたものづくりの思いとは何か。ファクトリエが開催したイベントで語る黒川当主の話をまとめた。今回はその後編。

写真内右が黒川光博(くろかわ・みつひろ)氏 虎屋代表取締役社長・17代当主
1943年生まれ。学習院大学法学部卒業。富士銀行(当時)勤務を経て、1969年に虎屋入社。1991年、代表取締役社長に就任する。全国和菓子協会会長、日本専門店協会会長などを歴任。著書に『虎屋 和菓子と歩んだ五百年』(新潮社)、『老舗の流儀 虎屋とエルメス』(共著、新潮社)がある。(取材日/2018年4月23日、写真/竹井俊晴)
山田敏夫氏の「ファクトリエ」の歩みをまとめた『ものがたりのあるものづくり

山田氏(以下、山田):私がとても関心があるのが、黒川さんが革新的なチャレンジに対して貪欲でいらっしゃる点です。虎屋さんが初めての海外進出としてパリに出店されたのはいつでしたか。

黒川氏(以下、黒川):1980年です。

山田:もう40年ほど前なのですね。昨年、僕がパリ出張の際に寄らせていただいた時には、現地のフランス人客で大変な賑わいでした。虎屋さんの海外進出は、当初からうまくいっていたのでしょうか。

黒川:いえ、そんなことはありません。地元の方に認知されるようになったのは、オープンしてから15年ほど経ってから。『フィガロ』という有名紙が選ぶ「サロン・ド・テ」特集でベスト2になったのがきっかけで、注目をいただけるようになったんですね。それまでは「どうにかならないものか」と模索の時期が長らく続いていました。

山田:今、あっさりとおっしゃいましたけれど、15年ですか……。

黒川:はい。私どものような和菓子屋が世界の舞台で認められるには、やっぱり10年以上はかかりました。それは最初から覚悟はしていましたが。

山田:2003年に始めた「TORAYA CAFE」も話題になりました。和菓子界にとっても衝撃的な出来事だったのではないでしょうか。

黒川:パリ出店の延長線上にある決断だったと思っています。

 パリ出店を決断したのは私の父ですが、私の心の中には、「このままでは和菓子はなくなってしまうのではないだろうか」という葛藤が常にありました。

 せっかく海外で挑戦できるなら、今までやってこなかったことをやろうと、パリ店では新たな試みをいくつか始めていたのです。

 「この挑戦をいつ日本で展開するか」と機を探っていた頃に、ちょうど森ビルさんから「今度、六本木に新しい街をつくるので、虎屋さんも何か新しいことを始めてくれませんか」というお話をいただいた。これが六本木ヒルズに初めて出店した「TORAYA CAFÉ」の始まりとなります。

山田:初日から数時間待ちの列ができるほど、人気でしたよね。その前夜はどんなお気持ちでいらっしゃったんでしょうか。