開発テーマ カルビーポテトチップスの新たな“定番”を作る [Step05]投票結果発表!いよいよ社内会議へ

 日経ビジネスRaiseユーザーがカルビーと一緒に新たなポテトチップスを開発する「オープン開発会議」。[Step04]では、[Step03]で寄せられた約100のアイデアを、カルビーと編集部が5つのコンセプトに凝縮。その中から、商品化したいと思うコンセプトを2つ、読者の皆さんに投票していただきました。[Step05]は、いよいよカルビーの社内会議に提案するコンセプトの投票結果の発表です。

 これまでの開発の経緯はこちら>カルビーのポテトチップスをみんなで開発しよう

 

<開発ステップ(予定)>

  • ポテトチップスのLove & Hateを大募集!
  • 準定番3商品の強さ、弱さを徹底診断
  • 女性に好まれるポテトチップスを開発しよう
  • 選抜!どのコンセプトが「いいね」?
  • 選ばれたアイデアをカルビーの会議で提案へ
  • 運命の判定。採用なるか
日経ビジネスRaiseはカルビーと新たなポテトチップスを開発中(写真:スタジオキャスパー)

 皆さんこんにちは。日経ビジネス編集部でオープン編集会議[カルビー]を担当している白井です。

 9月3日(月)~9月9日(日)まで、皆さんにご提案いただいたアイデアを凝縮した5つのポテトチップス新商品のコンセプトから、商品化したい案を2つ投票していただきました。最終的な投票者数は306人。皆さん、たくさんの投票をありがとうございました。

 まずは、皆さんに投票してもらった5つのコンセプトを振り返ってみましょう。

エントリーNo.1
コンセプト

ほっこりした気持ちになれる甘じょっぱいポテトチップス

「しあわせバタ~」の「幸せ」のような感性を刺激する味名で、食べて気持ちが何となくほっとするような甘じょっぱくて優しい味わいのポテトチップス。
シーン仕事も家事もストレスはお菓子で解消!疲れた時に気持ちがほっこりする、1日の楽しみ
蜂蜜(草花系、樹木系、ハーブ系、フルーツ系)×塩、
はちみつ生姜、ほうじ茶、コーヒー、ミルク 等
エントリーNo.2
コンセプト

手軽にすませる平日夜のおともになるポテトチップス

仕事が忙しく、ゆっくり平日に食事ができない。食事は家でさっと済ませたい。罪悪感なく日常的に食べられる味わいのポテトチップス。
シーン今日は頑張ったけど、外食するほどでもない。ちょっぴり自分を甘やかしたいとき。
こだわり塩×オリーブオイル×ブラックペッパー
フランスパン×オリーブオイル、ハーブ 等
エントリーNo.3
コンセプト

自分へのご褒美ポテトチップス

普段はあまりスナックは食べないけど、1週間頑張った自分へのご褒美として食べる、少し贅沢な味わいのポテトチップス。
シーン家でワインやお茶のお供として。
生ハム×ルッコラ×ゴルゴンゾーラチーズ
クリームチーズ×トマト×バジルソース 等
エントリーNo.4
コンセプト

おしゃれにつまめるポテトチップス

オフィスにも置きやすい、ポテトチップスらしからぬパッケージ。職場でも女子会でも「浮かない」、人目を気にせず食べられるポテトチップス。
シーン仕事の合間の小腹満たしやおつまみとしてちょっぴりつまむ。
バジルオイル、瀬戸内レモン 等
エントリーNo.5
コンセプト

大切なひとと幸せなひとときを共有できるポテトチップス

時間や感覚を誰かと共有することは、「食」と同じほど重要。みんなで一緒に食べられる、広く愛されている素材を組み合わせた味わいで、ちょっぴり話題になるポテトチップス。
シーン小腹がへった午後、職場でのコミュニケーションづくりや仕事のお供に。家族や友人とのパーティシーンで。
野菜コンソメ×濃厚チーズ 等

 これら5つのコンセプトに、読者の皆さんはどのような判断を下したのでしょうか。投票結果は・・・・・・。