新しい信頼の象徴とも言えるブロックチェーンの技術は、金融以外でもさまざまに使われるようになってきている。ブロックチェーンがあれば、人への信頼は不要なのだろうか? レイチェル・ボッツマンの新刊『TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか』をもとに、インフォバーン代表取締役ファウンダーCVOの小林弘人氏に聞く。その後編。「信頼システム」の最新の状況とは。

前編から読む

ブロックチェーンで、文書改ざんはなくなる

 信頼を考えるとき、ブロックチェーンはなぜそれほど重要なのだろう? まずなにより、人類の歴史ではじめて、誰が何を所有するかについて一般に開かれた恒久的な記録が作られ、ひとりの人や組織がそれを支配することも裏書きすることもできず、人々が記述の正確性についてお互いを信頼し合意できるという点だ。(『TRUST』第9章)

 ブロックチェーンの技術は、新しい信頼のかたちのひとつを体現しています。『TRUST』でも、2章分をブロックチェーンにあてているのは、そのためでしょう。

 ブロックチェーンは今、金融以外でも、信頼性を担保するという目的で使われ始めています。本書では、ブロックチェーン上でダイヤモンドをデジタルに認証するサービス「エバーレジャー」が紹介されています。アリババもいま、ブロックチェーンを使って模造品を発見、排除する取り組みを始めています。また、イタリアではワインの来歴を追えるようなワインのブロックチェーンが登場しています。ジャーナリズムの世界でいうと、フェイクニュース対策にもがその応用が期待されています。職歴や学歴の信頼性を担保する、という使われ方も出てきたと聞きました。

 ブロックチェーンが会計などに導入されると、リアルタイムで記録されて改ざんできないので、理論的にいえば不正会計は起き得ない。監査や公証役場などの存在意義が見直されるかもしれません。これは従来の信頼の仕組みを揺るがす、大きな変化です。また、最近では世界銀行が世界初のブロックチェーン債権を発行したことでも話題になりました。

 国の機関なども、全部ブロックチェーンを使って、スマートコントラクトなどを採用すれば、役人の忖度による文書の改ざんは不可能になるし、より明らかな信頼醸成が期待されます。

 ブロックチェーンはまさに権限を分散するシステムですが、既得権益を持つ人たちは中心に権力を集めて掌握したがるでしょう。完全にどちらかに偏るということはないと思うのですが、今後はハイブリッドに使い分けられるのではないか、と考えています。

 ブロックチェーンがあれば、もはや人間への信頼は不要であるという主張も耳にします。そもそも数学的に改ざんができないシステムを作り上げることで、信頼性を担保しているのですから。これは一見、効率がいいようにも見えます。しかしながら、そのためにPoW(プルーフ・オブ・ワーク。ある難易度以上の計算を行ったとの証明)を行い、大量の電気と計算機資源を浪費していては、すべてが立ち行かなくなりそうです。

 ゆえに、社会の信頼コストの面から考えると、人を信頼したほうが安上がりなのではないか、という見方もできます。

 これには回答がありませんが、"信頼の分散化"の流れのなかでは、両者はさまざまなレイヤーで棲み分けしたりするのではないでしょうか。人類が集団で進化してきた経緯を鑑みると、本当は誰かを信じたいという心理的な面も無視できないと思います。