2016年7月10日に実施される参議院選挙で、初めて10代が選挙権を得る。18歳、19歳の彼らは、選挙権を得たことをどう考え、どう行動するのか。新しい「有権者」の今を探る。
撮影:鈴木 愛子

 7月10日の参院選は、行くかどうか、まだ決めていません。初めてのことなので、誰かと一緒じゃないとちょっと不安で。一緒に行く人が見つかっていないので、まだ行くかどうか分からないです。親に連れて行ってもらったこともないので、一人で行くのはやっぱり不安です。

 友達とも話しますが、大体みんな同じ感じです。行くのを迷っています。「絶対行く!」と意気込んでいる友達は私の周りにはいませんね。迷っているような、自信がないような、みんなそんな感じなんだと思います。

 18歳以上が有権者になるということは、4月の政治経済の授業で知りました。特に私自身が、その節目でちょうど18歳というのが、タイムリーだし、偶然とはいえ、それによって興味も湧きました。

 その後の学校の授業では、世の中のことをより深く考えるきっかけとなりました。TPPや安保、消費税などについてディベートを行ったのです。私は、消費税増税についての賛成派として、ディベートに挑みました。消費税が上がった時のメリットを、先生が配ったプリントや、新聞、教材、ネットなどフル活用して調べました。

 ディベートをして気付いたのは、どの問題も、賛成派も反対派も「どっちも間違っていない」ということ。議論が起きるということは、双方にそれなりのメリットがあるということなんだなということを学びました。だから、議論や賛否両論が巻き起こるんですね。どちらにもそれなりのメリットがある、もしくは少なくともあるように見える。だから、決めるのが難しいし、意見が割れる。

 それくらい難しい判断を含むものもあるので、正直、私たちの世代が、選挙で政党や候補者を選ぶのはとても難しいです。消費税については、賛成派として調べたことも影響してか、私は、今は賛成派です。

 もし投票するとしたら、自分の世代のことをどう考えているかに注目します。奨学金とか、教育のこととか。ネットでググって、マニフェストを見て決めたいと思います。

 中学校の頃からダンスをやっています。昔お父さんがやっていた影響で、よさこいも大好き。お姉ちゃんと私と妹でよく踊っていました。今は、ヒップホップもやるし、よさこいもやるし、とにかく踊れるならなんでもいいっていう感じです(笑)。

(構成:染原 睦美)