2016年7月10日に実施される参議院選挙で、初めて10代が選挙権を得る。18歳、19歳の彼らは、選挙権を得たことをどう考え、どう行動するのか。新しい「有権者」の今を探る。
(撮影:鈴木愛子)

 選挙当日は1人で投票所に行きます。出身は岐阜市で今も実家は岐阜です。実家にいたころは、よく両親とも政治の話をしていました。民主党政権に交代するときとか。小学校や中学校で、新聞の切り抜きを持ち寄って議論する授業。ああいった議論の場も結構好きでした。学校で話したことを、家でまた両親と話すことも多かったですね。

 どちらかというと政治自体に興味がある方ではないかもしれません。友人の中には安全保障関連法案のときに国会前のデモに参加したという人もいます。でも、僕はいかなかった。政党を批判するだけなら野党と同じかなとも思って。とはいえ、僕なりの代替案というか、立ち位置がはっきりできなかった。

 自分はもう少し身近なところから政治というものを考えている気がしています。安保とか国の大きな施策についても関心はありますし、友人と話すこともあります。でも、高校生のときに起業した経験もあるからか、どちらかというと「政治」という捉え方よりも、「世の中のこと」とか「社会のこと」といった感じで捉えています。

 世の中や社会を少しでもよくしていきたいと思えば、その可能性を信じて1票を投じ続けるしかありません。その重みは軽くないと思っています。

 投票権を得たことで、大げさかもしれませんが、日本の国民として公式に認められたような気持ちにもなりました。一方で、自分の意志や考えを政治に反映できうるようになるということは、それだけ自分の言動に責任をもたなければいけない。

 投票権をこの年齢から持てることは、自分の人生を大きく変えるようなものではありませんが、日本を変えるのも変えないのも、この1票の積み重ねであるという意識は持ち続けていたいと思います。

 僕は今大学2年生ですが、就職活動はしないと決めています。起業でも、フリーランスでも、自分のやりたいことにまずチャレンジしたいと思っています。

(構成:染原 睦美)