建築が“炎上”する時代を引き受ける覚悟

新国立競技場は、建物の高さが50メートル以下となり、周囲の景観に溶け込む。客席は3階層で、コンコースへ移動するために昇り降りしなければならない階段の段数が、2階層の場合と比べてぐっと減る(大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV作成/JSC提供)
閉じる