経済同友会の代表幹事や東芝の社外取締役を務める小林喜光氏。エリート街道を歩んできたように見えるが、その道は挫折の連続だった。絶望からはい上がるプロセスにこそ、人間本来の強みが存在すると説く。

(日経ビジネス2018年2月16日号より転載)

(写真=北山 宏一)
Profile
1946年 山梨県生まれ
62年 山梨県立甲府第一高校入学。詩や哲学の本を読みあさる*1
65年 東京大学に入学。その後、相関理化学修士課程を修了
72年 イスラエルのヘブライ大学に留学*2*3
73年 イタリアのピサ大学に留学
74年 三菱化成工業(現三菱ケミカル)に入社、触媒や光ディスクの研究に携わる
2007年 三菱ケミカルホールディングス社長に就任。事業の選択と集中を進める
12年 東京電力とジャパンディスプレイの社外取締役に就任
15年 三菱ケミカルホールディングス会長、経済同友会の代表幹事、東芝の社外取締役に就任
*1
*2
*3

 三菱ケミカルホールディングス会長のほかに、経済同友会の代表幹事、東芝の社外取締役を務めています。福島第1原子力発電所の事故後に実質国有化された東京電力の社外取締役として、経営再建を進めました。

 いずれも難題が多く、様々な批判にさらされてきました。しかしそれは、覚悟の上です。誰も拾わないような火中の栗を拾ってこそ、経営者やリーダーの価値があると思っています。いろいろ理屈をつけて断るより、どんなに忙しくても仕事が来たらとりあえず受けてみます。逃げてはいけません。難題に直面すると負けん気が出て、気持ちが奮い立つのです。

 いろいろな組織や団体を運営して改めて思うのは、世界は徹底した競争社会だという現実です。その中で、日本の若者が、戦い抜けるのでしょうか。最近は、おとなしい秀才が増え、挑戦するという機運が減退しているように感じます。その象徴が東京大学の出身者ではないでしょうか。

 日本のぬるま湯の環境につかった東大の秀才の8割はリーダーになる資質がないと見ています。東大を出て大企業に就職しただけで満足しているようにしか見えない若者が多いですから。親から用意された塾などで効率よく勉強し、小手先でごまかしてきた秀才は、絶対にリーダーになれないでしょう。

 これまでの教育では、記憶力があればいい大学に行けました。今はもうスマートフォンで何でも検索できるようになったので、記憶力だけでは通用しません。さらにAI(人工知能)が記憶力だけではなく、判断力すらも備え、人間の能力を代替する可能性が出てきました。

 人間がAIにはない価値を生み出すためには、人間らしい経験を積むしかありません。人間らしい経験といえば挫折です。もっといえば絶望ではないでしょうか。AIは絶望できません。絶望からはい上がるプロセスにこそ、人間本来の強みが隠されているはずです。