スタートアップ企業への投資・育成を手がけるMistletoe(ミスルトウ)の孫泰蔵社長兼CEO(最高経営責任者)は日本と米シリコンバレー、アジアを行き来しながら、イノベーションのタネを持つベンチャー企業を「掘り出し」「育て」さらに「世界に拡大」することに取り組んでいる。

 泰蔵氏は起業家に絶対不可欠な要素は「自分の頭で考えること」だと語る。何もない「0」から「1」を生み出すには、不可能を可能にする一種の“ミラクル”が必要。定石や王道と呼ばれるものに頼ることなく、自分で全く新しいアイデアをひねり出すしかない。

 幼い頃から父・三憲氏に自分で考えることの重要性をたたき込まれた泰蔵氏は、その教えが起業家としての自身の核になっていると振り返る。

著者近影(撮影:菊池くらげ、以下同)

 起業家にとって、またイノベーションを起こしたいと考える人にとって、絶対に欠かせない要素があります。

 それは「自分の頭で考える」こと。人に習ったり、教えてもらったりするのではなく、まっさらな状態から自分の頭で新しいアイデアをひねり出す。

 シリコンバレーの起業家であり投資家でもあるピーター・ティールが書いた『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』(NHK出版)という本があります。「0から1」、つまり全く新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるかを語った講義録です。

 企業の成長過程には「0から1」、「1から10」、「10から100」「100から1000」といった段階があります。それぞれ異なる難しさがある。ティールもあえてテーマに取り上げている通り、一番重要で一番大変なのはやはり「0から1」をつくることだと私は思います。

 よく言われることですが、新しい事業を手掛ける会社を立ち上げるフェーズと、その会社を大きくしていくフェーズとでは全く別の能力が求められます。「1から10」「10から100」「100から1000」に拡大するために必要なのはロジック。戦略を立て、組織や仕組みをつくっていきます。一方、「0から1」をつくるのはロジックではない。むしろアーティスティックな工夫が必要です。

 「1」は10倍すれば10に、100倍すれば100になりますが、「0」は何をかけても「0」。世間で定石とか王道と言われるやり方では「1」を生むことはできません。特別なこと、言ってみれば一種の“ミラクル”を起こさなくてはならないのです。

 たとえば、新しい製品やサービスを提供し始める時を考えてみましょう。原材料費、人件費、光熱費、オフィスの賃借費など、事業にかかる費用を積み上げ、そこに利益を載せて販売価格を決定するプロセスをたどりがちです。しかし、このやり方ではほとんどの場合、ふつうの人が手を出せないぐらい高い価格になってしまいます。その高い価格のままで売り出せば、どんなに画期的な製品・サービスでも思うようには売れず失敗に終わってしまう。私はこれまでにスタートアップ企業のそういう失敗ケースを山ほど見聞きしてきました。

 誰もが素晴らしいと感じる画期的な新製品・サービスでありながら驚くほど安い――。そんな「ふつうではあり得ない」ことを実現しなくては、新たなビジネスはうまくいきません。