スタートアップ企業への投資・育成を手がけ、成長をサポートするMistletoe (ミスルトウ)の孫泰蔵社長兼CEO(最高経営責任者)。

 東京大学在学中にインターネットサイトの制作・運営会社を設立したのを手始めに、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど数々の企業の立ち上げにかかわった。

 起業家として今年は20年目を迎える。

 その泰蔵社長と、日本、そして世界にイノベーションを起こすにはどうすればよいかを考えていく。

 経済を成長させる3つの要素に労働力、資本、技術革新がある。少子高齢化が進む日本は労働力を大きく増やすことは難しい。資本は、日本銀行が「異次元緩和」に取り組んでいるが成果を見るに至っていない。

 となれば、頼みの綱は技術革新すなわちイノベーションだ。泰蔵社長は、日本と米シリコンバレー、アジアを行き来してイノベーションのタネを持つベンチャー企業を“掘り出し”“育て”、さらに”世界に拡大”することに取り組んでいる。

 本連載では、泰蔵社長の経営哲学やイノベーションについての持論を述べてもらうと共に、イキの良いスタートアップ企業を紹介してもらう。