中国がうまくいったから我々も、と考えるのはやめておこう

 私の友人でもある中国に詳しいノンフィクション作家、安田峰俊さんが、先日、ネットメディアに書いた文章にこんな一節があった。

 「よくよく考えてみると、中国のイノベーションとは日本が絶対にマネできない(かつ、マネしてはいけない)中国特有の社会や政府や庶民意識のありかたが、たまたま上手に組み合わさった結果として生まれたものでもある」(「ズルい」中国のイノベーションを日本が“絶対に”マネできない理由)文春オンライン2018年10月1日)

 これはまことに言い得て妙というべきで、ここで安田さんが言う「中国特有の庶民意識」の一つが、まさにものごとを「スジ論」ではなく、「量=現実的影響で判断する」という中国の人々の思考様式にほかならない。これは確かに簡単には「マネできない」もので、中国社会、そして中国の人々の発想がここに端的に表れている。

 「プライバシーに対する鷹揚さ」は成長の条件なのか。グローバル化、デジタル化によって人々の情報収集、意思決定のプロセスが劇的に変化している現在、これは中国うんぬんの問題というよりは、私たち日本人自身が自らの価値観に基づいて考えるべきテーマだろう。中国社会は何を捨てて、何を取っているのか。日本はどうするのか。これはゆっくり考えてみる必要がある問題だと思う。

この連載が書籍化されました! 分厚くて、量もスジも読み応え満点です

「日本人と中国人の間には誤解が多い。
 お互いが相違点を理解し、一緒に仕事をすれば
 必ずWin-Winの関係になれる。
 本書はそのためにとても役立つ」と
 ファーストリテイリング(ユニクロ)
 会長兼社長 柳井正氏絶賛!

 この日経ビジネスオンラインの連載と、10年に及ぶ「wisdom」の連載の中から厳選・アップデートしたコラムを、「スジと量」で一気通貫に編集。平気で列に割り込む、自慢話ばかりする、自己評価が異様に高い、といった「中国の人の振る舞いにイライラする」「あれはスジが通らない」という、あなたの「イラッ」とくる気持ちに胃薬のように効き、スッキリとする。ユニークな中国社会・文化論です。

※目次・内容紹介はこちら