この連載は、村上春樹さんの『騎士団長殺し』に刺激を受けた筆者が、まじめにイノベーションについて語ろうという企画である。村上春樹さんの意図はともかくとして、この小説には創造的な経営やイノベーションにとって大切なことがたくさん書かれている。『騎士団長殺し』に出てくるキーワードや暗示が、筆者がつい最近出版した『模倣の経営学 実践プログラム版』と似ているのである。今回は連載4回目の最終回。

(連載 第1回 第2回 第3回 から読む)

村上春樹さんの小説『騎士団長殺し』には創造的な経営やイノベーションにとって大切なことがたくさん書かれていて、筆者がほぼ同時期に出版した『模倣の経営学 実践プログラム版』と内容で共通する部分がある。

 前回は、『騎士団長殺し』の第2部「遷ろうメタファー編」に対応して「創造のための隠喩」や「なぞかけ」について考えてみた。メタファーをイノベーションにつなげるには、「意図的な偶然」があることを述べた。

 意図的な偶然というのは、いかにも矛盾した表現に思われるかもしれない。それでも、このようにしか言い表せない。成り立たないようで成り立つという意味では、これは矛盾ではなく逆説、すなわちパラドクスなのだろう。「意図した偶然のパラドクス」とでも呼んでおこう。

セレンディピティ

 それでは具体的にどうすればよいのか。ヒントは『騎士団長殺し』の主人公の姿勢にある。異次元の世界で主人公は困難に直面しながらも、感覚を研ぎ澄まして立ち向かう。

 「ここは事象と表現の関連性によって成り立っている土地なのだ。私はそこで示されるあらゆる仄めかしを、あらゆるたまたまを正面から真剣に扱わなくてはならないはずだ」(第2部、350ページ)

 たまたまの偶然をバカにしてはいけない。「たまたま」を前向きに捉え、それをきっかけに次々と成功を収めるということがある。学術的にはこれを「セレンディピティ」(偶有性)という。幸運をつかみ取れる人というのは、いつでもその準備ができている人で、幸運の女神の後ろ髪を決して離さない人のことである。だから、真剣に扱わなければ想定外の創造性はもたらされない。