コンドリーザ・ライス氏 写真:Abeca/アフロ

(前回から読む

清野:前回、今の北朝鮮危機は、バラク・オバマ大統領時代による「戦略的忍耐」という無策が大きな原因であることをうかがいました。ところで、手嶋さんは、オバマさんのことは昔からご存じだったんですか。

手嶋:彼がまだイリノイ州議会の上院議員だったころから知っています。2004年の大統領選挙の民主党大会では、そのオバマにスピーチの機会が与えられました。

 まだ全米では無名の存在でしたが、民主党陣営では早くも「希望の星」と見られていて、噂の「希望の星」は、一体どんな青年政治家なのだろうと品定めに行ってみたんです。民主党大会では大物が次々に壇上に上がるのですが、オバマはたった一人でスピーチの練習をしていたのが印象的でした。

清野:オバマさんをご覧になった時、彼は「来る」と思いました?

手嶋:えもいわれぬオーラを放っていましたね。その後、彼はイリノイ州選出の上院議員となりました。米国議会には議員会館と議事堂を結ぶ、トロッコのような議員とスタッフ、記者専用の乗り物があるのですが、たまたま二人だけで乗り合わせたことがあります。

 「大会でスピーチの練習風景を見ていました」と話したところ、「党の大立者はみな立派なスピーチライターがいたのだけれど、自分は一人で草稿を用意しなければいけなかったんだ」と思い出話をしてくれました。

清野:好感をかもしますねえ。手嶋さんは、トランプさんとはお会いになったことはありますか。

手嶋:いいえ、トランプ・カジノには行ったことがありますが(笑)。

ブッシュ親子は、どちらも「とてもいい人」でした

清野:ブッシュ親子はどうですか。

手嶋:この二人は、ホワイトハウスで直接担当していましたから、その素顔はよく知っています。仕事ですから、ブッシュ大統領には、親子ともインタビューや、サシで質問をしたことはありますよ。

手嶋 龍一(てしま・りゅういち)
NHKの政治部記者として首相官邸、外務省、自民党を担当。ワシントン特派員となり、冷戦の終焉、湾岸戦争を取材。ハーバード大学CFIA・国際問題研究所に招聘された後、ドイツのボン支局長を経て、ワシントン支局長を8年間務める。2001年9.11の同時多発テロ事件では11日間の昼夜連続の中継放送を担った。2005年NHKから独立し、日本で初めてのインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』(新潮社)を発表。姉妹篇『スギハラ・ダラー』と合わせ50万部のベストセラーに。近著に『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師-インテリジェンス畸人伝』(マガジンハウス)。最新刊は、主要国が少数の政治指導者に強大な決定権を委ねる危うさを警告した『独裁の宴-世界の歪みを読み解く』(中公新書ラクレ・佐藤優氏と共著)。現在は、大学や外交研究機関で外交・安全保障を中心に後進の指導に取り組む。

清野:イラク戦争に突き進んだブッシュ(子)大統領はという人は、どんな方でしたか?

手嶋:日本での世評は散々なようですが、個人としては、とても親切ないい人でしたよ。だからといって、僕らは批判を控えたりはしませんでしたが。

 ブッシュ大統領に単独インタビューした時ですが、日本時間の朝7時のニュースの直前の時間帯で、大統領が遅れてきたら大変だ、と心配しました。補佐官にそう伝えると「うちのボスはクリントンとは違って、約束の時間は必ず守る」との返事で、実際にその通りでした。

清野:へえ。