KCNA/UPI/アフロ

(前回から読む

清野:「北朝鮮クライシスって、何?」という、私のど素人質問からはじまった前回。それを考えるには、広い視野をもって危機のコンテクストを見極めないといけない、と教えていただきました。

手嶋:そうですね。

清野:その広い視野とは、具体的にはなにか。北朝鮮クライシスの背後にある、地政学的な見地を含めた国際情勢、安全保障システムの仕組みを知る、ということだと思います。

 それで今回、ぜひテキストにしたいのが、手嶋さんの著作『ウルトラ・ダラー』です。この本は2006年、いまから12年ほど前に新潮社から刊行された小説で、アイルランドのダブリンで発見された精巧な偽ドル札を発端にしたサスペンスが展開していきます。

 既に読まれていた方は、「北朝鮮危機」に、「なんだこれは」と、驚いていたのではないでしょうか。そして今読むと驚くこと請け合いです。この小説には、北朝鮮危機について、黙示録的な記述が随所にあります。

 たとえば……

  • 「北の独裁国家が精巧な偽ドル紙幣を、何に使おうとしているのでしょうか」という疑問に対して、米シークレットサービス主任捜査官であるオリアナ・ファルコーネの返事。
  •   ↓
  • 「核弾頭を運ぶ長距離ミサイル。そう、人類を破滅に導きかねない大量破壊兵器を手にする資金に充てようとしている。(中略)北朝鮮が手にした核ミサイルの刃は、やがてここワシントンにも向けられることになりましょう」(文庫版130ページ)
  • 「アメリカの同時多発テロ事件は、あらゆる地域に深刻な影を落としたが、なかでも東アジアには地殻変動をもたらしたといってもいい。(対アフガン、対イラク戦争に突っ込んでいった)アメリカは、東アジア外交に取り組む余力を失ってしまった」(文庫版169ページ)
  • 「北朝鮮は、核弾頭を確実に運ぶことができる弾道ミサイルをなかなか開発できない行き詰まりを、巡航ミサイルの導入で打開しようとした。(中略)核弾頭がこの巡航ミサイルに搭載されれば、北朝鮮の脅威は飛躍的に高まろう」(文庫版316ページ)

手嶋 龍一(てしま・りゅういち)
NHKの政治部記者として首相官邸、外務省、自民党を担当。ワシントン特派員となり、冷戦の終焉、湾岸戦争を取材。ハーバード大学CFIA・国際問題研究所に招聘された後、ドイツのボン支局長を経て、ワシントン支局長を8年間務める。2001年9.11の同時多発テロ事件では11日間の昼夜連続の中継放送を担った。2005年NHKから独立し、日本で初めてのインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』(新潮社)を発表。姉妹篇『スギハラ・ダラー』と合わせ50万部のベストセラーに。近著に『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師-インテリジェンス畸人伝』(マガジンハウス)。最新刊は、主要国が少数の政治指導者に強大な決定権を委ねる危うさを警告した『独裁の宴-世界の歪みを読み解く』(中公新書ラクレ・佐藤優氏と共著)。現在は、大学や外交研究機関で外交・安全保障を中心に後進の指導に取り組む。

清野:繰り返しになりますが、手嶋さんがこのベストセラーを上梓されたのは今から12年前。決して昨年ではありません。なぜ、12年前に、これほどまでに「今」を言い当てる小説が書けたのか、それが謎で……。

手嶋:そもそも、インテリジェンス能力とは、近未来をぴたりと言い当てることにあるのですから、特段驚くようなことではありませんよ。当時から、北朝鮮が弾道ミサイルの開発に手を染めていたことは知られていました。しかし、巡航ミサイルにも触手を伸ばしていた事実は、極秘中の極秘でした。ですから、小説にそれが描かれたことに関係者は大きな衝撃を受けたのでしょう。

清野:なぜ手嶋さんは、このような分析ができたのでしょうか。