「疲れが取れない」という言葉を多くの人が口にするようになって久しい昨今。日本の経済状況や先行きが不安というのももちろん原因の1つですが、人の悩みの根源は突き詰めれば、最後は人間関係に行き着くと言われています。その悩みの根源である人間関係を良好にしておかなければ、疲れが取れるはずもありません。

 疲れをしっかりと取る。これができれば仕事もプライベートもバリバリと充実したものにできます。読者の皆様もご存知の通り、心の疲れと体の疲れ、心の不調と体の不調は連動しています。逆もしかりで、心の元気は体の好調に、心の充実は体の快調につながります。

 楽しみにしている趣味のゴルフや映画鑑賞、体が疲れていても、好きでやっていれば気分は軽やかなのではないでしょうか? そしてその楽しみを満喫した後は、スッキリとした気持ちになり、体の疲れがなんだか癒されたという経験をした方も多くいらっしゃると思います。

 悩み事があると食欲も落ち、食事が喉を通らない。栄養を体の中に入れないのですから、体にも大きく影響してきます。そのような負の連鎖も、悩み事が解決すると断ち切れます。悩みがなくなればお腹が減ってモリモリ食べることができ、そして体を動かしたくなる気持ちにもなります。

 健康ブームと言われていますが、ジムに通ったり、ジョギングをしたりするよりも、人間関係を根源とした心を整えることが健康への近道の1つであることをお忘れなく。ということで今回は、人間関係について悩みを持つ読者に向けて、華僑流解決法をご紹介します。

現代人はなぜ疲れるのか?

 「疲れる」「疲れた」という言葉を日常的に使っている方が多いかもしれません。改めて、疲れるという言葉の意味を考えてみます。広辞苑(岩波書店)によると「疲れる」とは、「体や精神の力が弱る。くたびれる」、と書いてあります。同じく「くたびれる」は「みすぼらしくなる」、と書いてあります。意気揚々として快活であれば、着古したTシャツにジーンズ姿でもみすぼらしく見えないのは読者の方もご納得いただけるはずです。

 スマートフォンやインターネットの普及で、常に誰かや何かとつながっているのが原因で、疲れがとれないと考えてしまう人も中にはいらっしゃるでしょう。ですが、それが一番の原因なのでしょうか?