「次のタイプが立派な上司だ。立派な上司は、場合によっては頭が固いように感じるかもしれないけど、大義名分には常に弱い。五徳で言うところの義」

 「具体的にどのようなことでしょうか?」

 「会社というのは個人プレーをする場所じゃない。一人では成し得ないことを複数の人間が集まって達成するための器だ。ということはその器のためになることはそういう立派なタイプには思った以上に響く。その手のタイプは常に『それは会社のためになりそうですね』『お客様への貢献を考えると難しい部分がありますね』などの言葉に弱いことを覚えておけばいいよ」

 「なるほどですね、はい、覚えておきます」

 「最後のタイプが優柔不断な人だ。保身の意識が人一倍強いから、逃げ道を用意して提案すればいい」

 「そうなるとメンツを潰すことになってしまわないでしょうか?」

 「基本を忘れたかい? 陰陽の陰のポジションだよ」

 「そうでしたね、常に陰陽を意識するのを忘れておりました。自分が陰のポジション取りをして、相手を陽に立たせる、ですね」

“ずるゆる”部下は上司のメンツを気遣う

 「そこだよ。相手が上司の場合は、相手も陰のポジションに入れるようにする心遣いは必要だよ」

 「そういうことですね、上司の人にも陰のポジショニングをしていただくことによって、メンツを潰さずに勧められるということですね。陰陰というポジションどりはあり得るのでしょうか?」

 「物事には必ず陰と陽がある、という自然の摂理だね、原理原則。だから、最終的には上司の人が陽に立つのだけれど、陰の思考、口には出さないけれども、心の中で気づくようにもっていくのだよ」

 「と言いますと」

 「順番がある。まず相手を肯定する。そして次は現実を認識してもらう。その次は逃げ道を示す。最後に今なら間に合うことを伝える。この順番を間違わなければ、優柔不断な上司のコントロールも簡単にできるよ」

 「目から鱗です。ありがとうございます。早速、今、お話しいただいたことを実践開始いたします」

 2週間後、営業業務部でハツラツと働いているTさんの姿がありました。飄々としているのに、いつも自分の意見を通すのがうまいあの人は、人を操る技術を身につけている“ずるゆるマスター”かもしれません。

 筆者の最新刊『巧みな「人心操縦術」中国古典の教え:華僑大富豪の成功法則 (知的生きかた文庫)』では、巧みに人の心を操りながら人に嫌われない、安全第一の華僑流人心操縦術を多数紹介しています。上司、同僚、部下など対象別の解説もありますので、ぜひ本コラムとあわせてお読みください。