ビジネス人生は長期戦です。マラソンと同じように途中まで劣勢だったとしても、大ドンデン返しが日常的に起こります。今回は、気が抜けないライバル競争に勝利するのは応援力!というお話です。

 ITの発達により、チームプレーよりも個人の業績を反映させた評価制度が定着してきました。それを表すようにコミュニケーション術やプレゼン術、思考法など、差別化を図るためのセミナーや書籍が盛りだくさんの昨今。社内外のライバルに打ち勝つために様々な方法を試している人は多いのではないでしょうか。

 アメリカのコンサルティングファーム出身者が提唱する技、有名大学院のMBAの講義で導入されているテクニックの数々。そのような技やノウハウがたくさんちまたにあふれ、それらの方法論を簡単に手に入れられるようになりました。

 ですが、その通りにやってもなぜかうまくいかない、という人は多いのではないでしょうか? ひょっとして私は地頭がよくないのかしら、要領が悪いのかな、あのノウハウは自分には向いていないので違うものを探してみよう、と思われている人もいるかもしれませんね。

 これらのテクニック、ノウハウを学ぶのはそれもこれも、厳しい競争社会で勝ち残っていくための方策ですよね。ライバルは蹴落とすもの。そこまで考えていなくても、出し抜いたり、勝つべき相手、と考えている人が多いのではないでしょうか? 場合によっては、口には出せないけれども、ライバルのミスを喜んだり、それを願ってしまったりする自分に嫌気がさすこともあるかもしれません。

 ライバルは競争相手であるのは間違いのない事実。ここで間違ってはいけないのが、敵とライバルの違いです。

 自動車の販売で考えてみましょう。あなたがAという自動車販売会社に勤めているなら、BやCといった自動車販売会社はライバルではありますが、敵ではありません。同業者は業界マーケットを共に大きくするための切磋琢磨するいわゆる同士的存在でもあります。

 では、自動車販売会社の敵とは? ファミリカーなら、同じように家族をマーケットとする旅行業界かもしれませんし、立地至便な賃貸マンションや家族団欒のイメージがある分譲住宅かもしれません。高級スポーツカーなら、高級腕時計や、オーダースーツなどが考えられます。自動車販売会社の例でみたように、敵とは自社や自業界の商品以外にお金や興味を惹かせるモノやコトなのですね。