社内に1人はいる、いわゆる「できない人」。

 非常に多忙な現代人は、限られた時間をやりくりする中で、どうしても優秀でない人、落ちこぼれている人を無視しがち。一般的に、あえて「できない人」に目を向けようとは考えません。

 そこで皆とは違う視点や発想をもつのが「ずるゆる」マスター。皆が無視するからこそ、「できない人」と上手く付き合うことで、簡単に頭1つ抜けられる。そんな華僑流の人間関係術を今回は紹介したいと思います。

 華僑社会では「できない人」も大切にします。なぜかといえば「できない人」という役割も必要だからです。「できない人」はその役割を担ってくれる貴重な存在であり、できないからこその価値があると華僑は考えているのです。

 そんな華僑が「できない人」を大切にする主なメリットは、次の3つです。

  • ①「できない人」がいるから「できる人」が輝く
  • ②「できない人」には頼み事をしやすい
  • ③「できない人」がミスをしても大事にはならない
上海出身の大物華僑の教えをもとに、ビジネスで使える華僑流「ずるゆる」処世術を伝授! 第3回は「できない人」に目を向けるメリットを紹介

「できない人」がいるからいいポジションが守れる

 外回りの部署でも内勤の部署でもエースやトップなどと呼ばれるスタープレーヤーやそれに準ずる人たちがいます。そしてその人たちは常に部内外の人たちから賞賛され、発言力が大きいのが一般的です。

 その人たちが賞賛されるゆえんは、個人の能力に寄るところが大きいでしょう。その人たちの努力を見過ごしてはなりません。ですが、エースやトップと呼ばれるからには、そこには相対的な評価が必ず含まれています。

 そうです、普通の人や「できない人」がいるからこそ、相対的にエースなどと呼ばれるのです。そのエースの人が1人部署に配属されれば、単なる1プレーヤーになってしまいます。「できない人」、またはそのような評価を受けている人のおかげで、ある意味いいポジションを守れるのです。

 「できない人」を、「あの人は仕事が遅い」「ミスが多い」などといって、軽んじることは簡単です。しかし、それはいろいろ考えても得をする策ではありません。