「AI人材」の獲得競争が激しさを増していると、日々の報道でよく目にするようになりました。これからのAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)社会の到来でチャンスを逃さないようにしっかりと先手を打っておきたいというのが企業の本音です。

 華僑がお金儲けの代名詞と言われる理由の一つがまさにそれ、時代の流れを読みいち早くチャンスをつかみに行く進取の気質です。私は日本人としては早い段階で中国の大都市圏以外や、フィリピン、ベトナム、カンボジアなどアジアの新興国に投資しましたが、現地に根付いて久しい華僑たちからは「今頃来たの?」という反応をされてきました。

 まだ何も起こっていない、変化の兆しも見えない段階から行動を起こす華僑は、「今ここから取れる利益はいくらか」という「直接計算」はしません。「今ここでどれだけ仕込めば、何年後にどこでどれだけの利益が得られるか」という、時空を超えた「間接計算」をして壮大な先手を打つのです。

 今すぐ利益を得ようとする人が一手先を読むなら、後で大きく取りたい華僑は何十手も先を読んでいます。それは新興国に乗り込んだ華僑に限ったことではなく、日本にいる華僑も同様です。

 先を読み間接計算をする彼らの言動や態度は、不可解に感じることも多いですが、その意味・狙いを知れば納得です。少なくとも、知っておいて損はしないでしょう。今回は、組織サバイバルをしたたかに生き抜くためのノウハウの一つとして、華僑が先手を打って「無害な人」を演じる狙いについてお話ししていきます。

 無害といっても、休まず・遅れず・働かずの少し前のサラリーマンとしての長続きのコツとは趣は全く正反対ですので、その辺りも比べて読むとより楽しんでいただけるのではないでしょうか。

華僑の成功者は「切れ者」には見えない

 私自身、華僑のボスに弟子入りして多くの華僑と知り合う中で、不思議に思っていたことがあります。それは、賢そうに見えない人ほど着実に成功していくということです。起業して毎年連続で年商を倍にしたり、一流企業でスピード出世したりなど、結果を出した若い華僑たちは、周囲も「えっあの〇〇君が?」と驚くように、お世辞にも頭の良い切れ者には見えません。失礼ながら少々鈍臭そうで、何手も先を読むどころか深く考えずに動いているようにさえ見えます。

 首を傾げる私にボス曰く「賢さを隠すのが本当に賢い人。だから彼らこそ実は賢いんです。彼らに『あなたは賢いね』と言ってごらん。おそらく彼らはあなたのことを警戒して近づかなくなるよ」。