「人生100年時代」と呼ばれる昨今。長~いライフプランを考える上で、お金との付き合い方はますます重要になります。投資信託、保険、年金そしてNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)などなど、身の回りに様々な金融商品やそれを活用する制度があふれています。しかし、どれも仕組みが難しいと感じていませんか。

 そこでファイナンシャルプランナー(FP)である高橋義憲さんが、あなたの「味方」となってお金の「見方」を丁寧に解説していきます。金融商品の販売による手数料はもらわずに、金融機関から独立した立場でアドバイスを提供する、独立系FPとして活動している高橋さん。だからこそ、中立的な立場での助言を得意としています。

 初回に取りあげるのは「生命保険」。自分に何かあったとき、残された家族のために加入している人も多いと思いますが、高橋さん、何が問題なのでしょうか?

 皆さん、こんにちは。ファイナンシャルプランナー(FP)の高橋義憲です。独立系FPとして、皆さんの「味方」になって、難しいおカネの話をできるだけ分かりやすく解説していきます。よろしくお願いいたします。

 初回に取りあげるのは生命保険です。「人生で2番目に高い買い物」とも言われますが、皆さんはどのように選んでいらっしゃいますか?

 一般的に金融商品に関しては、販売する側と顧客の間にある情報格差のために、顧客の知らない間に不利な商品や契約をしてしまうという問題点が指摘されています。特にこのような傾向は、生命保険について顕著ではないかと思っています。それは、生命保険が比較しにくい商品だからです。今回は生命保険を検討する場合、比較の必要性とその方法について説明します。

1.保険料のしくみ、還元率について

 下のイラストを見て下さい、競馬、宝くじ、そして保険についてのある数字を示しています。その数字とは「還元率」です。つまり、参加者から集めたお金の何%を当選者(たち)に還元しているか、ということを表しています。

 ご覧のとおり、競馬と宝くじについては還元率が公表されていますが、保険に関しては、これがはっきりと分かりません。還元率を知ることによって、私たちは次のように比較や意思決定をすることができます。

(Aさん)「宝くじの還元率は競馬と比べてとても低くて、割に合わない。だからオレは宝くじなんて買わない」

(Bさん)「『年末ジャンボ宝くじ』のように、宝くじは200~300円で買えるクジが何億円になるかもしれないという夢がある。収益金の一部は公共事業に使われるって言うし、ワタシは宝くじの還元率が低くても構わない」

 一方、保険については、残念ながら還元率が分からないので、このような比較、検討をすることはできません。