ショー会場の構成を見ていくと、AirVenture Oshkoshというイベントの性格が見えてくる。会場のウィットマン空港は南北に走る2500mの主滑走路を含む4本の滑走路を持つ、主として自家用機が使用している空港であり、航空会社の定期路線はない。しかし日本の感覚で見るとかなり広い。沖合いに拡張する以前、1980年頃の羽田空港ほどの広さがあるというと、その規模が分かってもらえるだろうか。

会場地図(公式パンフレットより)。色別のラインは会場内を移動するシャトル便。トラクターで客車を牽く独特の乗り物を使っている。湖畔の水上機エリアなどの別会場にはバス便も運行されている。広い会場にぎっしり飛行機が詰まっているという印象。

ショーの花形、ヴィンテージ

 ショー会場はウィットマン空港敷地をほぼ4つに分けて使用している。主滑走路に沿ってもっとも南側から半ばほどまでの広いエリアを占めるのが「ヴィンテージ」。これは第一次世界大戦の頃の機体(新たに再製作した機体も含まれる)から、1960年代の軽飛行機までかなり幅の広い「昔の自家用機ないしは自家用で使える機体」のエリアである。

ヴィンテージエリアに展示された航空機。このような第一次世界大戦時に使われた機体だけでなく、半世紀以上昔の古い自家用機などもあった。
ヴィンテージエリアからデモのために離陸する機体を見送る。参加者各人の自慢の機体がぎっしりと展示されている。離陸するのは、ウォーバーズ(WarBirds、軍用機)のエリアで参加しているイギリスのグロスター・ミーティア戦闘機。

 ヴィンテージのエリアに重なるようにして配置されているのが「ウルトラライト」。つまり、米航空法規においてウルトラライト(日本では「超軽量動力機」)と区分される、軽量で低速で飛ぶ飛行機のエリアだ。

ウルトラライトのエリアは独自の滑走路があり、メインの空港とは別のスケジュールでフライトデモンストレーションを行っている。これは低空フライパスのために滑走路へ進入してくるオートジャイロ機。

 ヴィンテージの北側に拡がるのが「ホームビルト」。キットや自分の設計で製作した自作機のエリアである。

ホームビルト機はこのような形で展示している。この機体は1500時間、30年以上も飛んでいるぞ、と自慢している。

 さらにその北側には、第二次世界大戦やその後のウォーバーズのエリアが拡がる。