「松浦さん、航空について何かを語るなら、是非ともオシコシに行くべきです」

 先般掲載した記事(一覧はこちら→「「飛べないMRJ」から考える日本の航空産業史」)の取材の際、オリンポスの四戸哲社長に強い調子で言われた。「オシコシには、航空に関するすべてがあります。航空の将来を考えるなら、あれを観なければ何も始まりません」。

 オシコシ(Oshkosh)――日本語ではオシュコシュとも表記される。米五大湖、ミシガン湖の西側に位置するウィスコンシン州の地方都市だ。このオシコシにあるウイットマン空港では毎年7月末の1週間、全米から航空機が集まってくる一大エアショーが開催される。正式名称は「EAA AirVenture Oshkosh」。1953年以来続いている息の長いイベントだ。

 7月初頭、四戸さんから連絡が来た。「今年は当社からも社員を行かせます。一緒にどうでしょうか」――こうなると、私も行かなければならない。7月末、私はオリンポスの設計技師Y氏と共にオシコシに向かった。

 オシコシで、私は大変な衝撃を受けた。
 確かにここには航空機のすべてがあった。

 より詳しく言うと、「MRJで航空日本復活を」という言説に代表される、日本の航空産業振興策に欠けているものがすべてあった。

EAA AirVenture Oshkoshの広い会場を一枚の写真で「こんな雰囲気」と示すのは難しい。これは、ホームビルト機の展示エリア。思い思いの自作航空機が、誇らしげに展示されている。

自分の飛行機で飛んできて、1週間のショーを楽しむ

 EAA AirVenture Oshkoshの主催者は実験航空機連盟(EAA:Experimental Aircraft Association)という民間団体だ。今年2018年は7月23日~29日の日程で開催された。

 米国では個人が自分で航空機を作り、自分が操縦して飛ぶことが趣味として定着しており、法制度も整備されている。EAAは自作航空機(ホームビルド機と呼ばれる)愛好家の団体であり、AirVenture Oshkoshは当初、愛好家の祭典として始まった。そういう意味では、まさに日本の「コミケ(※)」みたいなものだ。

(※ 正式名称はコミックマーケット、年2回開催される、国内最大の動員数を誇る同人誌の即売会。「読みたい本がなければ、自分で作る」という精神も共通しているところがある)

 が、現在のAirVenture Oshkoshは、単なる趣味人の集まりの域を超えた、「ここに航空のすべてがある」としか形容できない巨大なイベントに成長している。

 2005年には、ホンダエアクラフトカンパニーが、ビジネス機「ホンダジェット」の初めての一般向け公開を、このAirVenture Oshkoshで行った、といえば、その重要性がNBO読者にも届くだろうか。

今回、ホンダエアクラフトカンパニーは新型の「ホンダジェット・エリート」を展示していた。