貯蓄から投資への流れ、仮想通貨をめぐる騒動――。長期・短期を問わず、おカネに関する話題は事欠かない。日々、目にし、場合によっては何かしらの判断を迫られる「おカネの話」。ではあなたは、おカネについて、きちんと教わったことがあるだろうか。

 生涯を通じて大事なことだけど、他人はもとより親子でも突っ込んだ話はしにくい「おカネの話」。これに真正面から取り組み、親が子供に伝えるべき内容を実践的にまとめたのが、パーソナル・ファイナンスの米専門家が書いた新刊『「おカネの天才」の育て方』。本書から「子供とおカネの話をするときの14のルール」を抜粋、3回に分けて連載する。

ルール1:まだ早いと思う時期から、子供に話を始める

 子供は3歳にもなると、おカネの概念を理解できるようになる。すごく幼稚な理解ではあっても、価値や交換といった概念がわかり始める。ウィスコンシン大学マジソン校の研究がそれを示している(※1)。

※1 Karen Holden, Charles Kalish, Laura Scheinholtz, Deanna Dietrich, and Beatriz Novack, "Financial Literacy Programs Targeted on Preschool Children: Development and Evaluation," La Follette School Working Paper no. 2009-009,2009.

 また、3歳になると目の前のものを我慢できるようになる。これらは基本的だが、日常生活でのおカネの役目を理解するのに重要な知識だ。子供にクラシック音楽をやさしく教えてくれる「ベビー・モーツアルト」のように、子供向けにおカネのことを教えてくれるビデオはない。ギュッと抱きしめると、「安く買って高く売れ」と話しかけるウォーレン・バフェットのぬいぐるみもない。だからといって、小さな子供におカネの話をしなくていいわけではない。

 小さな子供はなんでも知りたがり、それを理解する力がある。子供がクレジットカードを読み取り機に通すまねをしたり、ATMでボタンを押したがったり、あなたの財布の中を見たがったら、この本の教えのいくつかを伝え始めるといい。「まあ、子供ってかわいいわね」とクスクス笑いを漏らす代わりに、おカネがどこからくるのか、どうおカネを支払うのかを教えるきっかけにしてほしい。

 幼稚園児はすべてを飲み込めなくても、あなたが何か大切なことを伝えようとしていることや、大人が気にかける何かを教えようとしていることに気づくはずだ。そして、おそらくあなたが思う以上に子供はあなたの言葉を吸収している。