1978年に改革開放政策を始めて以来、中国のGDP(国内総生産)は28倍になった。中国で生活すれば、政府統計の大まかな数字が実体を反映していることは肌で分かる。そして「爆買い」は、日中の緊張関係が和らいだために起きたと語る。