今回は、前半で私の経験を、後半でベテランの人事コンサルタント・森 大哉さんに取材をしたうちの一部を紹介します。森さんとのやりとりは、次回の記事でくわしくお伝えいたします。

 私のつたない経験をお話ししましょう。会社員をしていた頃、「ばかばかしくて、やっていられない」と頻繁に考えるようになった時期があります。全身からエネルギーを奪われるような日々でした。今にして思うと、カルト的な職場にいたからだと思います。

 この場合のカルトとは、管理職とは言い難いレベルの上司に従わざるを得ず、集団である種のいじめが行われて、それに疑問を感じる言動をとると、職場で浮いた存在になっていく空間を意味します。

 会社に在籍していた間に仕えた上司は10人以上になりますが、私が「やってられない」と悩んでいた当時の上司が、一見、最も温厚で、紳士的でした。

 一方で、プレイヤーとしての力量は、最も低いグループにいるように感じました。マネジメントになると、人間が変わります。一言で言えば、部下たちを常に抑えつけないと気がすまないようになるのです。

 彼のすぐ下には、プレイヤーとしては優秀な男性の課長がいました。部下の育成などのマネジメントも、高いレベルに入ります。部内では当初、部長よりも、課長に敬意の念を抱く非管理職が多かったように思います。私も、そのひとりでした。

 しだいに、部長は課長を非管理職のように扱います。課長を無視し、部長が頭越しに、それぞれの非管理職に報告を求めるのです。課長のことを気の毒に思い、私が事情を確認すると、「部長との間で役割分担や権限と責任についての取り決めはない」と話していました。互いにけん制し合い、深くは話し合わないそうなのです。

 結局、非管理職である20人前後が課長を飛び越え、部長に直接報告をします。結果として、「課長パッシング(部内全員で無視をする)」となり、陰湿ないじめになっていたように思います。それに対し、誰も何も言えない。世間一般の常識や良識が通じない。