医局に入っているかどうかも給与を左右する

 さらに、大学の「医局」という組織に所属するかどうかでも給与は変わります。医局とは、「◯◯大学医学部外科学講座」などと名前がついていて、教授を頂点とする専門の医師集団のこと。必ずしもその大学出身の人がその大学の医局に入るわけではなく、どこに入るのもだいたい自由です。そして医局は関連病院という名の”ナワバリ”を持っていて、医局の長である教授は医局員である医師を関連病院に派遣します。例えば東京都内の有力外科はだいたい東京大学の外科医局の関連病院にあります。

 病院というところは医師がいないと潰れますから、医師派遣という強力な権力を教授は持つことになります。そして医師を派遣してもらっている病院は、安定して医師を供給してくれる教授を優遇したり、派遣された医局員の待遇をある程度保証したりするのです。ですので、同じ病院の同じくらいの医歴の医師が2人いたとして、一人は医局からの派遣だから給料が高く、もう一人は医局に所属していないので給料が安いなんてことはしょっちゅう起きています。以前勤めていた病院でも、医局派遣の医師はすぐ常勤ポストをもらい、医局と無関係で何年も病院に奉公した医師はずっと非常勤待遇のままだった、ということがありました。

 医局の悪口ばかりになってしまいました。ただ、医局システム自体は「医師教育」や「僻地への医師派遣」という重要な役割を担っている側面もあります。医局については、いずれ当欄で記事にまとめたいと思います。ちなみに私は医局に属していません。

給料に能力はあまり関係ない

 では、医師の給料はその医師の能力と相関するのでしょうか? 答えは、「よほど高い能力でない限り、No」です。悲しい話ですが、高い能力を持っている医師であっても、それを給料に反映させるのはかなり困難です。それよりも給与を決めるのは、医歴と、真面目にコツコツやっていれば誰でもとれる専門医の資格です。ま、病院からしたら集客につながるほどの実力者(例えば天皇の手術をした順天堂大学の天野篤教授など)でもなければ、給与を上げる財源がないので仕方のないことかもしれません。

 そもそも医師の能力を正確に測定することは、かなり難しいと私は考えています。なぜなら医師の能力には医療技術や知識だけでなく、人柄やマネジメント力、そして研究者としての能力、さらには人望などが少なからず入ってくるからです。

 以上、医師の給料についてお話をいたしました。それではまた次回、お会いしましょう。

P.S. インフルエンザがかなり流行ってきました。外出後の手洗いうがい、そして人混みではマスク着用をオススメします。ワクチンを打っていない方はこれからでもどうぞ。

この記事はシリーズ「一介の外科医、日々是絶筆」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。