前回は、私が2カ月(2017年2~3月)限定の院長を務めた福島原発近くの高野病院のお話と、先日、亡くなられた俳優の渡瀬恒彦さんが闘った「胆のうがん」に関する解説をしました。今回は、福島原発近くに移住し、高野病院で実際に診療をしてみて気づいた「避難生活の現実」を取り上げます。診察室で直接、患者さんからうかがったお話なども交えてお届けしますね。

 先日、6年にもわたった原発近くの町村への避難指示が、一部を除いてついに解除されました。これにより避難区域の面積は3分の1に縮小し、約3万人が避難解除の対象となりました。

事故のあった第一原発の近くまで車で行ってきました

避難生活でなぜ人々は死亡するのか

 いきなり過激な見出しです。避難生活でなぜ人々は死亡するのでしょうか。「死亡」とは穏やかではありませんが、これは誇張でも何でもなく、高野病院での2カ月間の診療で、私が実感したことの一つです。

 まず、そもそもなぜ避難生活で健康を害するかについて見ていきます。この点については私も、福島に行くまではきちんと理解できていませんでした。「大変だろうけど、一時的に別の場所に引っ越すだけじゃないのかな」と思っていたのです。

 避難指示は6年前、原発事故の直後に出されました。理由はもちろん、放射線量が高い地域に住むと被ばくし、健康被害が生じる可能性があるからです。

高野病院にある、線量を測る「モニタリングポスト」

 では避難指示を出された地域の住民がどこに避難したかというと、これはあまり知られていませんが、約半数は福島県内の仮説住宅に行きました。復興庁の最新データによると、県外へ避難している人は3万9218人、県内は3万7670人で、県内の94%にあたる3万5436人は仮設住宅や賃貸住宅などに住んでいます。事故直後は一時的に親戚などの家に行ったものの、避難生活が長期化したため仮設住宅に入った、というパターンが多かったようです。

 私が高野病院で診察した患者さんの中にも、仮設住宅で避難生活を送っている方が多くいました。外来通院の方も、入院中の方も……。

 そこで私が強く感じたのが、「避難生活は人を死亡させる」ということでした。以下に3つの理由を挙げ、順に見ていきます。

1. 家族の離別と地域コミュニティーの喪失
2. 医療の連続性の途絶
3. 環境変化