ガンガン受け取る医者もいる

 私の経験を少しお話します。私は患者さんからお金を受け取らないと決めているのですが、それでも時々私にお金を渡そうとなさる患者さんがいます。多くは社長さんや大企業の重役などお金がありそうな方で、だいたいが個室に入院されています。そして執刀医であり主治医の私に、退院間際に「先生、これ」と言って、封筒を白衣のポケットにねじ込もうとなさいます。多くの方が、固辞してもなお強引に渡そうとするのです。「本当に困ります」と声をあげて、やっと諦めていただけることが多いですね。

 諦めていただけず、その場ではどうしても「お金じゃないから」と言い渡された封筒の中を確かめると、やっぱり一万円札が数枚入っていてすぐに返しに行くなんてこともありました。

 この「患者さんから医師がお金を受け取る」ことについて、皆様はどうお考えでしょうか。いろいろなご意見があると思うのですが、私はやっぱり強い違和感を覚えるのです。そりゃ現金をもらえれば誰だって嬉しいし、イメージほど裕福ではない勤務医の家計は助かるでしょう。私の知る偉い医師や高名な医師の中には、ガンガン受け取る人も多くいます。ある超有名病院では、医者の給料がかなり安くて、「そちらのお金」で収入を補っているという噂もあるほどです。

袖の下の2パターン

 ちなみに、お金を渡すタイミングには2パターンあることを説明しておかねばなりません。

 一つは、手術や治療前に「どうぞこれでよろしくお願いします」というニュアンスを込めたタイミング。そしてもう一つは、治療が終わり退院間際になり渡すものです。

 前者は、医師に暗黙の「優遇」や「便宜」を求めているようにも取れます。医師側としては、「分かってんだろうな、お金渡してるんだからキッチリやれよ」というメッセージが同じ封筒に入っているような気になります。一方で後者の方は、もう治療は終わっているわけですから「感謝」のお気持ちが込められているのでしょう。

 この2つを考えると、前者はあまりよろしくないような気がします。なぜなら、お金を受け取ったことで医者が患者さんを差別してしまう可能性があるからです。もちろん多くの医者は否定するでしょうが、病院内でその患者さんに対して極めて大きな裁量権(入院患者さんの生活から治療までほぼ全ての指示は主治医が出します)を持っている限り、意識的にせよ無意識的にせよ影響が皆無とは言い切れません。私は、受け取ってもその裁量権に全く影響を及ばさない自信がないので、受け取りません。

 ところが後者はどうでしょうか。収賄や脱税などの法的問題さえなくなれば、私はそれほど悪いことだとは思わないのです。感謝の気持ちとお金の余裕のある人が、治療した医師に感謝の気持ちとしてお金を渡す。それ自体は自然な行為であろうと思います。まあその後の治療への影響を考えると、前者と同じ要素も少し含むのですが。