3月20日、日銀の新体制が発足しました。黒田東彦総裁が続投し、若田部昌澄早大教授と雨宮正佳日銀理事が副総裁となりました。 黒田氏は依然として大規模な金融緩和の維持を主張していますが、欧米が緩和縮小に動き出す中、日本だけが異次元緩和を続けるというのは、大きなリスクを伴うのではないかと私は危惧しています。日本の異常さがクローズアップされかねません。

 日本は2013年4月から「異次元緩和」を始め、2016年2月にはマイナス金利政策を導入しました。これは非常時の対策で、その時は仕方なかったかもしれませんが、ある意味「異常」な状態です。景気拡大が続く今こそ出口を探らなければ、金融市場の歪みはますます大きくなり、日銀や金融市場全体が背負うリスクは高まるばかりです。

 日銀は、遅かれ早かれ出口を示さなければなりません。そのチャンスはまさに今ではないかと、私は考えています。

新たに日銀副総裁に就任した若田部昌澄氏(右)と雨宮正佳氏(写真=ロイター/アフロ)

出口を示すチャンスは今だ

 「線路は続くよどこまでも」という歌がありますが、今回の日銀の新体制が決まった時、私は「緩和は続くよどこまでも」と、つい口ずさんでしまいました。新副総裁の若田部氏は「金融政策に限界はない」と主張していますが、出口はどうするのか、具体的には語っていません。彼の発言を聞くと、どこか「撃ちてし止まむ」の言葉が想起させられます。

消費者物価指数
(生鮮除く総合前年比%)
国内企業物価指数
(前年比%)
輸入物価指数
(前年比%)
2014年度 2.8 2.8 0.2
2015年度 0.0 ▲ 3.3 ▲ 13.7
2016年度 ▲ 0.3 ▲ 2.3 ▲ 10.5
2017年1月 0.1 0.5 4.3
2月 0.2 1.0 9.6
3月 0.2 1.4 12.1
4月 0.3 2.1 10.9
5月 0.4 2.1 12.4
6月 0.4 2.2 11.5
7月 0.5 2.5 11.9
8月 0.7 2.9 12.8
9月 0.7 3.0 13.8
10月 0.8 3.5 15.6
11月 0.9 3.5 10.4
12月 0.9 3.0 7.3
2018年1月 0.9 2.7 5.0
2月 1.0 2.5 4.4
出所:総務省、日銀

 異次元緩和は、いつまで続けられるのでしょうか。2%の物価上昇を掲げる日銀がターゲットにしている「消費者物価指数(前年比)」を見ますと、1月はプラス0.9%、2月はプラス1.0%と上向きです。ところが「輸入物価指数」は、17年10月の前年比15.6%をピークに伸びの縮小が続き、18年2月は同4.4%となっています。

 円高が進み、原油価格も落ち着きつつありますから、今後は輸入物価の伸びは縮小していくと考えられます。これは最終的に消費者物価に影響しますから、こちらも伸びが鈍化し始めると私は考えています。企業物価指数には、すでにその影響が出始めています。