インターネットの社会への浸透とともに、情報の「透明性」が求められる場面が増加した。しかし、情報公開を求めるネット文化と、現実の企業とは相容れないこともある。例えば、企業の中で“ガラス張り”の人事部は存在可能なのか。