2014年12月、別件の取材でシンガポールを訪れていた記者は、ふとしたきっかけで彼女と中華のディナーをともにすることとなった。

世界中から富が集まるシンガポール。村田マリ氏はここでiemoを創業し、DeNAに売却した

 彼女の名は村田マリ氏。その2カ月前の10月、村田氏は自身が創業した住まい・インテリア関連のキュレーションサイト「iemo」を、サービス開始からわずか9カ月でディー・エヌ・エー(DeNA)にスピード売却したことで、ちょっとした時の人となっていた。

 村田氏がシンガポールに移住したのは最初に起業したソーシャルゲームの事業をgumiに売却した後のこと。2013年にシンガポールにいながらiemoを創業し、翌年、盟友である中川綾太郎氏が経営する女性ファッション関連のキュレーションサイト「MERY」と一緒にDeNAへ売却した。その額は計50億円。内訳は非公表だが、村田氏のiemoが約15億円、中川氏のMERYが約35億円と見られる。

2015年4月、DeNAはキュレーションメディアのプラットフォーム「DeNAパレット」構想を発表。会見には村田マリ執行役員(左)や、MERYを運営する子会社、ペロリの中川綾太郎社長(右)らも参加した

 記者がシンガポールで飛び入り参加させてもらった会食は、さながら成功者の夕べ。日本からシンガポールに移住した経営者や起業家が揃っていた。村田氏を含む列席者の多くが中心部にある屈指の高級マンションに住んでおり、村田氏はシンガポールに住む日本人の富豪コミュニティーにすっかり溶け込んでいる様子だった。

 「知ってる? 最近、うちらのレジデンスに与沢翼が引っ越してきたって」「え、マジ!?」。そんなホットトピックスから「○△銀行はいいよ。送金手数料タダにしてくれるから」といった資産関連のネタまで、インナーサークルの話題は尽きない。記者はあまりに場違いで、ばつが悪い思いをしたことを覚えている。

 同時に、嫌な予感というか、違和感も抱いていた。

「表と裏」のギャップ

 成功者はなぜシンガポールを目指すのか、理由は言わずもがなである。条件にもよるが、例えばシンガポールは株式売却益に対する課税、いわゆるキャピタルゲイン課税がないことで有名だ。含み益がある株式を保有したまま富裕層が出国し、国内課税を回避することを防止する「出国時課税制度」の適用が始まったのは翌2015年7月のことで、そこにいた列席者は“セーフ”だった。

 そのこと自体、適法であれば問題はない。しかし村田氏はiemoの売却後、ネットメディアなどのインタビューで移住の理由を「子どもを中国語・英語ネイティブにしたいからですよ」(2014年10月のNewsPicks記事から引用)と語っている。それも事実なのだろうが、会食での様子を見る限り「表と裏」のギャップを感じざるを得なかった。

 さらに、村田氏はiemoを売却してリタイアしたわけではなく、DeNAの執行役員となり、iemoを含むキュレーション事業の責任を負う立場にいた。果たしてシンガポールにいたままで舵取りができるのだろうか。50億円という大金を投じたDeNAの新規事業は大丈夫なのだろうか――。

 成功者たちとの夕べを終え、漠然と感じた嫌な予感は2年後、現実のものとなる。