入山:大企業にいてほしい人材の条件に「巻き込み力があること」とおっしゃっていましたが、具体的にどういう人でしょうか?

斎藤:ビジョン、数字、政治力の3つを兼ね備えている人です。気持ちの面で共感できるストーリーを生み出せること。頭で理解できる戦略をロジカルに語れること。そして、打算でも参加した方が得をすると思わせるプラットフォームを構築できることが大切ですね。

 物事が好転する前って、一時的に後退したり悪化したように見えたりするじゃないですか。新規事業を軌道に乗せるまでも同じで、いわゆる「Jカーブ」の底を乗り越えるとき、協力者を募って反対勢力を説得するためにこの3つが必要なんです。底の段階では儲けるよりも、寝技を使ってでも潰されないことが大事。今までの日本企業が一番弱いところだと思います。

「Morning Pitch」の登壇者は75%が大企業の出身者

入山:ベンチャー経営者にとっても必須の能力ですよね。大企業出身の起業家は日本社会の構造を熟知していて「物事は人間関係で決まる」というのが分かっているから、根回しも上手い。大学を卒業したばかりの若い起業家が「とにかくまっすぐやります!」となると、大企業とうまく付き合えなかったり、巻き込めなくておしまいになる、というケースが多くないでしょうか。

斎藤:実は「Morning Pitch」で登壇している会社の75%は大企業出身の経営者なんですよ。

入山:それは驚きです。伝統的な日本の企業文化と起業家マインドのように、2つのフィールドでそれぞれ強みや深み、得意分野を持っていて、その間をつなげられる人材が強いということですね。経営学的には「バウンダリー・スパナー」、つまり「境界をつなぐ人」といいます。「H型人材」という言葉もあります。Hという字の両側の縦棒を真ん中の横棒でつなぐという意味です。1つだけ深く知る専門分野がある「T型人材」では生き残れない。

 VCのWilでCEOを務める伊佐山元君が好例ですよね。ソニーとの合弁会社Qrioを立ち上げ、スマートフォンからドアロックを開閉するなどのIoT(モノのインターネット)商品を開発しています。あれだけの事業をなぜ運営できているかというと、ある経済誌のオンライン版編集長によれば「伊佐山君は日本興業銀行の出身だから」だそうです。たとえ大企業のトップとツーカーであっても、ビジネスの話を本部長や取締役などの頭越しにはしない。しかるべき順番で根回しをして、最終的にトップに届けます。興銀出身者としての根回し能力があり、シリコンバレーで上り詰めた経験もあるという意味で、「H型」と言えますよね。

(構成:名嘉裕美)

2013年1月、ベンチャー企業と大企業が出合うイベント「モーニングピッチ」が始まりました。毎週木曜日朝7時から開催し、登壇企業はのべ600社を超えています。今、大企業からも政府関係者からも注目を集めるこのイベントでは、時代の最先端を走るベンチャー企業が登場します。その中から101社を厳選して紹介する初の公式ガイドブック『モーニングピッチ公式ガイド 未来を創るスゴいベンチャー101』がこのほど発売になりました。詳しくはこちらをご覧ください。