斎藤:1つだけだと部署の単位の話ですけれど、いくつかつながれば市長のアジェンダになりますよね。まさにチームでまとめて受けた方がさらに効率がよいという話ですね。

秋好:はい。安倍総理も「熱意ある地方創生」と言っておられますけど、やっぱりそれをやりたいという熱意のあるベンチャーと、それを本当にやっていくんだという市長さん、知事含めて、お互い熱意がないと、特に最初はうまくいかない。

というの、やはり最初は、ランサーズは自治体と1対1で何かをやろうとしていたということですか。

秋好:そうです。これまでは、奄美市の場合もそうですけど、1対1でずっとやってきた。こちらとしてはそれでいい部分もありましたが、自治体にとっても我々にとっても共同でやった方がいいという部分が出てきました。そこで、それをやりたい人、コミットしてやるぞという思いがある人たちを集めて立ち上げたという感じですね。

斎藤:最初は、自治体とベンチャーの間では少し使う言葉が違うという面があります。そこはどうやって乗り越えましたか。

秋好:首長の方にも民間企業の出身で、そういったある一定の業界慣習とか用語なども分かる方が増えています。本当は長期的にやりたいと思っていることでも、最初はあくまで先行事例ですと言うと話が進みやすくなるので、そう説明しています(笑)。そういった先進的で、革新的なことに一緒に取り組もうと立ち上がった自治体が福岡や横須賀、三重、千葉、と少しずつ増えている状況です。

地方創生の流れで、自治体もKPIを求められて、各首長が通知表を突きつけられています。その点からいうと彼らにも変わらなきゃいけないという切迫感はありますよね。

斎藤:しかも、今までになかったサービスなので、PRになる部分もあります。あと前例がないので結果が出やすいという点もありますよね。

秋好:確かにそうです。うまくいっている自治体にはその周りに、私は“地域のアクセラレーター”と呼んでいますが、何か既存のものを破壊して新しいことをやっている人がいるんです。場合によっては少し迷惑な存在だったりもしますが(笑)。

 その地域のアクセラレーターをどれだけ増やせるかだと思っていて。この地方創生ベンチャー連合も、実は自治体やアクセラレーター的な人にも参加してもらって、地場のNPOとか、地場のベンチャーとか、民間と行政の両方に関与する人たちをどれだけ増やせるかがカギだと思っています。

地方の“変なおじさん”を巻き込む

バカ者と外者と若者を入れないと町は変わらないと言われます。しかし、東京からたまに行くだけでは中は見えないし、日々の活動もできない。やはりいかに地方の“変なおじさん”を巻き込んでおくかという。

秋好:そうそう(笑)。そういう地域のアクセラレーター的な方は、ほぼ共通して1度は東京に住んでいた経験があって、その知見を持ち込んで何とか頑張って浸透させようとしている人が多いようです。

次ページ もうけ度外視、交通費も自腹で