「カバノー氏は信用できる」は35%

両者の言い分を聞いた米国民の反応は、どうでしたか。

高濱:カリフォルニア州民1100人を対象にした世論調査(Survey USA)の結果ではフォード氏の言い分が「信用できる」と答えた人は60%(「信用できない」と答えた人は23%、「わからない」は17%)。カバノー氏の言い分を「信用できる」と答えた人は35%(「信用できない」は46%、「わからない」は19%)でした。

 カリフォルニア州は民主党支持が強い「ブルーステート」(大統領選で民主党候補の票田になっている州の通称。共和党支持は「レッドステート」)ですからフォード贔屓にならざるを得ないのでしょうが……(笑)。("Poll: 60% of California finds Brett Kavanaugh accuser Christine Blasey Ford's story believable," ABC7.com. staff, 9/28/2018)

世論は世論として、実際に最高裁判事人事を決める司法委員会は、二人の証言のあとどういった動きを見せましたか。

高濱:上院司法委員会は共和党11人、民主党10人で構成されています。

 翌28日に開いた審議では、カバノー氏の承認を賛成多数で可決し、本会議への送付を決めました。

 ところが、その直後、「態度留保」を表明していた共和党のジェフ・フレーク議員(テキサス州選出) が承認に賛成すると同時に、容疑事実を米連邦捜査局(FBI)に調査させるよう提案したのです。

 民主党は当初からFBIの調査を要求してきました。フレーク氏は民主党に譲歩したことになります。米議会には日本のように厳格な党議拘束はありませんが、それでも党が決めた方針に反旗を翻す行動は異例です。

 フレーク氏は19年1月3日に任期を終えますが、今回の中間選挙に立候補しないことを決めています。ですから党や地元選挙民に気を遣う必要がないのでしょう。

 同氏がFBIによる調査を主張した背景には、いくつかの理由があったようです。その一つに議会内のエレベータで出くわした二人の女性(ともに性的暴力を受けた被害者だったそうです)から涙ながらの「陳情」を受けたことがありました(その模様はCNNが全米に流した)。加えて、テレビ中継を見た地元選挙民、特に女性たちから「カバノー氏の人事承認反対」のメールや電話が殺到したことなどが影響したとされています。("Flake confronted by two female protesters after announcing he'll back Kavanaugh," Suzanne Malveaux and Veronica Stracqualursi, CNN, 9/28/2018)

最高裁判事は大統領の「政治理念」の代弁者

最高裁判事候補に対する上院の承認審議は、これまでも党派色をむき出しにした論争の場になることが少なくありませんでした。自分の党の大統領が指名した候補を与党議員はできるだけ承認しようとするし、野党はその候補の弱点を見つけ出し、承認を阻止しようとしますね。

高濱:オバマ政権の時に極端な例がありました。同大統領が指名したリベラル派の判事候補、メリック・ガーランド連邦控訴裁判事 の承認審議そのものを、野党・共和党が拒否したのです。

 大統領が指名した閣僚や大使、連邦裁判所の判事の候補は上院の承認を得なければなりません。本来はそれぞれ所轄の上院各委員会がそれぞれの候補を呼んで「首実検」(job interview)」して承認します。ところが司法委員会がつかさどる連邦裁判所判事の人事、特に最高裁人事は共和、民主両党の政治闘争の場になるのですね。

 というのも最高裁判事は終身ポスト、病気で業務に支障をきたすケースを除き、その判事は死ぬまで判事を続けられます。大統領は自分が任期を終えた後も、自らの政治哲学や理念を継承するよう、指名した最高裁判事に託すわけです。このため、共和党大統領は保守派の判事を指名し、民主党大統領はリベラル派の人物を指名する。

次ページ セクハラ容疑で揺れた27年前のケースとの比較