米南部フロリダ州オーランドでまたまた銃乱射事件が発生しました。場所は未明の同性愛者専用のナイトクラブ。容疑者も含め49人が死亡し、53人が負傷しました。

オーランド銃乱射事件を悼んで集まった人々。場所は米ニューヨーク(写真:ロイター/アフロ)

 南部というと、未だに人種差別が強く、白人主導の保守主義的なところがあるといった先入観があります。その南部でイスラム教過激派に感化されたアジア系米市民が性的マイノリティを大量虐殺した。日本人にはどうも理解できない面が多くあります…。

高濱:米国で銃の乱射事件は日常茶飯事ですが、今回の事件は犠牲者の数で米史上で最悪となりました。6月16日にはバラク・オバマ大統領自らがオーランドを訪れ、犠牲になった人たちの冥福を祈りました。

 確かに、南部というと保守的な土壌を連想しがちです。しかしオーランドは「ディズニー・ワールド」「ユニバーサル・オーランド」「シーワールド・オーランド」が点在する「世界一のテーマパーク都市」です。観光で来られた方も多いことでしょう。

 年間約5000万人の観光客が訪れます。市の人口は24万人ですが、周辺を合せれば208万人。人口の構成も白人45%、黒人27%、ヒスパニック系22%、アジア系2%で、白人に極端に偏っているわけではありません。

 地元紙記者によると「国内外から訪れる観光客が重要な収入源。そのため住民は国際色豊かで、訪れる人たちに対してフレンドリーだ。性的マイノリティにも寛容なところがある」ようです。オーランドは南部のど田舎とは趣を異にしています。

 犠牲者の中には、フロリダ州内はもとより近隣の他州からこのナイトクラブを目指してやってきた若者が少なくないそうです。このナイトクラブは、性的マイノリティたちが大ぴらに酒を飲んだり、ダンスを楽しんだりできるスポットだったからです。

 「このナイトクラブは、ソーシャルメディアで知り合った性的マイノリティ、つまり同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害者)たちが直接交流することができる社交の場でした」(前掲の地元紙記者)。