NH州はサンダース勝利が確実

ニューハンプシャー州の予備選はどうなりますか。

高濱:ニューハンプシャー州でも、サンダース氏への支持がクリントン氏を上回っています。その差は、CNNの世論調査では3%、CBS世論調査は19%。リベラル派が多くいる同州でサンダース氏が勝つことが確実になってきました。1月13日以降、現在までに実施された7つの世論調査でサンダース氏はすべてリードしています。各種世論調査の平均値を見ると、その差は14.6%になっているのです。
"New Hampshire 2016 Democratic Primary," RealClearPolitics, 1/24/2016

 クリントン氏はかってはリベラル派と呼ばれましたが、今の彼女をリベラル派と呼ぶ人は少なくなってきています。外交ブレーンの中に歴史学者のロバート・ケーガン氏のようなネオコン(新保守主義者)がいる、といったことが指摘されているからです。
"The Next Act of the Neocons," Jacob Heilbrunn, New York Times, 6/5/2014

 一方、米連邦捜査局(FBI)はクリントン氏の「メールゲート」に伴う国家機密漏えい容疑に依然として関心を持っているとする保守系メディアの報道もあります。サンダース氏が政治家として徹底してリベラリズムを貫き通してきたのに比べて、クリントン氏のリベラリズムは色あせて見えるわけです。
"Page and Mclaughlin: The FBI will recommend prosecution for Hillary," Ian Hanchett, Breitbart, 1/23/2016

 そこへいくと、自らを「民主社会党員」と呼ぶサンダース氏のクリーンなリベラリズムは、民主党の一般支持者にとって一服の清涼剤になっているのかもしれません。

尾を引くメールゲート疑惑

緒戦でクリントン氏が連敗すると、その後の予備選はどうなるのでしょうか。

高濱:2月20日には西部ネバダ州、27日には南部サウスカロライナ州でそれぞれ予備選があります。そして3月1日には11州が同時に予備選、党員集会投票を行う「スーパーチューズデー」が待ち構えています。

 CBSがサウスカロライナ州で行った世論調査ではクリントン氏60%、サンダース氏38%という結果が出ています。クリントンびいきの黒人票がクリントン支持率を押し上げているからです。緒戦で連敗してもサウスカロライナ州で挽回、そこで勢いをつけて「スーパーチューズデー」に臨む考えでしょう。その間にFBIが「メールゲート」捜査で追及の手を強めることがなければですが。

不測の事態が起こったら?

高濱:その時はその時。出馬を断念したジョー・バイデン副大統領が急きょ立候補する可能性もあるでしょうし、無所属で立候補する可能性を探っている元ニューヨーク市長のマイケル・ブルンバーグ氏が大統領選に加わる可能性が高まるかもしれません。まさに政治の世界は「一寸先は闇」です。
"Michael Bloomberg Mulling Run for President as Independent," Mara Gay, Wall Street Journal, 1/23/2016