では、どのくらいの大きさで「吉」が見込めるのだろうか。日本経済の中長期的見通しの抜本的な改善を伴いながら景気が本格的に回復するのを、最も良い運勢である「大吉」と定義すれば、これは期待薄だと言わざるを得ない。

 人口減・少子高齢化が進む中で、製造業・非製造業を問わず、実に多くの業種・企業が海外市場に活路を求めている。マーケット規模が今後さらに縮小する可能性が高い日本国内で大規模な設備投資を行ったり、固定費的な性格が濃い賃金引き上げであるベアを大幅につけたりするのは、経営判断として合理的とは言い難い。2017年春闘で決まる主要企業の賃上げ率は、そう大きなものにならないだろう(2016年12月13日配信「『官製春闘』4年目、ベアはどうなるのか?」ご参照)。

「トランプラリー」は「ミニバブル」的な色彩が濃い

 論者の中には人口動態からくる経済への縮小圧力を過小評価しつつ、生産性向上による成長力底上げに期待を寄せる人もいる。だが、具体策がない政策提言や未来予測は実務上、ほとんど意味を持たない。強力な規制緩和の必要性を強調する向きもあるが、これは短期のタイムスパンではデフレ圧力を強める策である。仮に安倍内閣がにわかに規制緩和の動きを強めるとしても、それが2017年の「吉」の度合いを大きくするわけではあるまい。

 また、足元の上向きの景気動向に寄与している「トランプラリー」は、次期大統領の公約の中から米国の経済成長にプラスとみられる部分だけを「つまみ食い」的に材料にした、「ミニバブル」的な色彩が濃いものだと筆者はみている。その反動がいつ、何をきっかけに、どのくらいのスピードやマグニチュードで訪れるのかは、まだ誰にもわからない。

米国がドル高を放置すれば、「レーガノミクス」の轍を踏む

 長年にわたりグローバル化が進展してきた世界経済が、保護主義を前面に掲げたトランプ氏が当選したことで一朝一夕に構造を変えるわけではなく、米国の経済・企業業績・物価にとって、ドル高は引き続きネガティブである。ドル高を放置すれば、「双子の赤字」に苦しんだ「レーガノミクス」の轍を、トランプ次期政権は踏むことになるだろう。為替相場が円高ドル安の方向に遅かれ早かれ揺り戻すとともに、内外で株価が反落すると、日本経済の「吉」の度合いは必然的に薄れることになる。

欧州の選挙で「反グローバル化」が進展すれば、株安・円高も

 また、2017年はヨーロッパで政治イベントが数多い。3月にオランダ総選挙、4~5月にフランス大統領選挙、秋にドイツ総選挙があるほか、イタリアの総選挙が年前半に前倒し実施される可能性がある。2016年に市場を大きく揺さぶった「反グローバル化のうねり」がこれらのイベントを通じて再認識される場合には、「リスクオフ」の株安・円高が進むこともあろう。

 結局、2017年の景気は「吉」の部類のうち、「吉」「中吉」「小吉」「末吉」のどれになるのだろうか。

2017年の景気は、真ん中あたりの「中吉」か「小吉」

 上記のようにリスク要因が多いため、先に行けば行くほど景気が不安定になりやすいとみれば、「末吉」(「凶」の一段階上)は除外される。

 一方、「吉」(「大吉」の一段階下)も、1人当たり実質賃金の水準が低くなったままであることや、景気の回復を実感しにくいとアンケートに答える人々の多さなどに鑑みると、当てはまりがよくない。

 このため消去法で、2017年の景気は「中吉」か「小吉」のどちらかということになるのだろう。

おみくじについてのトリビア

 ちなみに、筆者はおみくじの序列について、ずっと「小吉」の方が「吉」よりも良い運勢だと思い込んでいた。具体的に列挙すると、運勢の良い方から「大吉」→「中吉」→「小吉」→「吉」→「末吉」→「凶」(→「大凶」)の序列だと思っていた。

■筆者が当初想定していたおみくじの序列
■筆者が当初想定していたおみくじの序列

 だが、調べてみると、「吉」と、「中吉」「小吉」との序列関係は地方ごと、神社ごとのケースバイケースで、決まっていないとのことであり、「吉」が「中吉」や「小吉」よりも上位に来る場合もあれば、下位に来る場合もある。今回は日経ビジネス編集部が、「吉」が「中吉」や「小吉」よりも上位に来る序列を採用したため、2017年の景気予測は「中吉」または「小吉」とした。

■編集部が採用したおみくじの序列に合わせた結果
■編集部が採用したおみくじの序列に合わせた結果
まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「上野泰也のエコノミック・ソナー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。